マーケットを実感する

企業業績で明暗。19日の米国株式市場は、下落。

更新日:

企業決算で明暗

19日の米国株式市場、主要株価3指数は
下落。

ニューヨーク・ダウは前日に比べ
▼83.18ドルの

24,664.89ドル(▼0.34%)

S&P500は
2,693.13の
(▼15.51/▼0.57%)

ナスダックが、
7,238.05
(▼57.18/▼0.78%)

アップル(AAPL)のサプライヤーである
台湾積体電路製造(TSMC)が今年の

スマートフォン需要が軟調になるとの見通し
示したことや、また複数のアナリストが、

iPhoneの需要予想を弱気に見ているなど
を理由に、アップル株が下落。

全般的に半導体関連の株が売られて
いました。

一方、債券利回りの上昇で金融株が買われて
いました。

アップル(AAPL)は、
172.80(▼2.83%)

また、決算が予想を下回る内容だった
米タバコ大手の

フィリップ・モリス(PM)が
85.64(▼15.6%)

前日の好決算と、金利上昇を受けて
クレジットカードの

アメリカン・エキスプレス(AXP)が
102.37(+7.59%)

不安材料が、完全になくなったわけでは
ありませんが、個別の企業業績

を見極める、マーケット環境になってきて
いるようです。

気になる2つの数字は

米国10年国債の利回り
2.92%(前日2.87%)
※この値が高いほど
債券が売られ、
金利が上昇している
ことをあらわします。

米国VIX指数(恐怖指数)
15.96(前日15.60 )
※こちらは、数字が大きいと
先行きに対する不安が高いことを
あらわします。

 

-マーケットを実感する
-, , , , , , , , , , ,

Copyright© 米国株入門、アメ株チャレンジ! , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.