ウォリアーズが、NBAチャンピオン!!ケビン・デュラントの願いが叶う

前シーズンの奇跡の逆転負けから、1年。見事リベンジをはたした
ウォリアーズ。ファイナル(7戦予定)を4勝1敗で勝ち抜き、前年
奇跡の逆転優勝をなし遂げた、キャバリアーズの連覇をはばみました。

今シーズンから加わった、ウォリアーズのKD(ケビン・デュラント
ファイナルMVP)の活躍が、何と言っても見事でした。

NBAには、超人的なプレーヤーが、あまたおりますが、ファイナル
(日本のプロ野球でいうところの、日本シリーズで勝つこと)で
勝ち、チャンピオンリングを手にする選手は、ごくごくわずか。
過去にも、凄い選手でありながら、リングを一個も得ることなく、
引退していったスーパースターが、何人もいます。

KDは、長い腕と2m以上の身長を武器に、得点を重ね、NBAを代表
するスーパースターに成長するも、リングを手にすることは、これ
まで出来ていませんでした。長年在籍したチーム(サンダーズ)を
離れ、何としてもチャンピオンリングを取るんだと、シーズン前に、
ウォリアーズに移籍してきたのが、今シーズンだったのです。

一方、ウォリアーズは、カリートンプソンなどすでに、リングを持つ
スーパースターを抱える、完成されたチーム。チームのシステムを乱す
可能性もあった、KDの加入に心配するむきもあり、また、KDの加入を
非難するメディアも多くありました。

「結果で黙らせるしかない」とKDは、奮起。過酷なシーズンを戦い、
リングを手にしたのが(実際にリングがもらえるのは、次シーズン)
今日だったのです。(カリーを含む他のチームメイトも、素晴らしい)
サンダーズのころからのファンとしては、本当に楽しい、感動した、
一日でした。

 

関連記事

ピックアップ記事

  1. [table id=246 /] [table id=247 /] アップルが標的に!? …

免責事項

当サイトは、一般的な情報提供を目的として書かれています。ですから、投資における最終意思決定は、ご自身の判断でお願いいたします。(データ等の数字は、細心の注意を持って記載していますが)当サイトに載せている情報に基づく行動で損失が発生した場合においても、一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る