クリストファー・クロスが懐かしい。AORは、大人な感じ・・

 

クリストファー・クロス

アップルのWWDCなどで、発表される新製
品を毎回楽しみにしている、にわか

アップルファンですが、このイベントのもう
一つの楽しみは、オープンニング映像に使わ
れる音楽です。

6月のWWDCでは、なんとなつかしい、
クリストファー・クロスの
『All  Right』でした。

天使のようなハイトーンボイスで、1980年
台の日本でも、彼の曲は、大変な人気だっ
たと記憶しています。

AORとは、Audio-Oriented Rockのことで、
1970年から、1980年のはじめに使われた、
若者のラウドなロックと一線を画する、

クロスオーバー的なサウンドと、大人向け
のヴォーカルを特徴(ウィキペディアより)
としていました。

彼以外の(AOR)にも
ボズ・スキャッグス
ボビー・コールドウェルなど
優しい声に癒やされます。

(You Tubeのほうで、お聞きください。)
↓ ↓ ↓ ↓ ↓

関連記事

ピックアップ記事

  1. [table id=246 /] [table id=247 /] アップルが標的に!? …

免責事項

当サイトは、一般的な情報提供を目的として書かれています。ですから、投資における最終意思決定は、ご自身の判断でお願いいたします。(データ等の数字は、細心の注意を持って記載していますが)当サイトに載せている情報に基づく行動で損失が発生した場合においても、一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る