『狼よさらば』が、ブルース・ウィリスでリメイク。元祖はあのマンダムの・・・

仇討ちが、テーマになるのは
時代劇の定番だと思っていましたが

考えてみれば、ハリウッド映画
のなかにも、多くの「リベンジ」
がありましたね。

1974年の
『狼よさらば(原題Death Wish)』
では、チャールズ・ブロンソン

が復讐に燃える、渋い父親役でした。

2017年版の『Death Wish』は、

(邦題も公開があるのかどうかも
現時点ではわかりませんが、)

あのダイ・ハードの
ブルース・ウィリスが主演です。

映画館でみるか、数ヶ月後に
ダウンロードするかは、悩ましい
ところです。映画の予告は

(YouTubeでご覧ください。↓)

関連記事

ピックアップ記事

  1. [table id=246 /] [table id=247 /] アップルが標的に!? …

免責事項

当サイトは、一般的な情報提供を目的として書かれています。ですから、投資における最終意思決定は、ご自身の判断でお願いいたします。(データ等の数字は、細心の注意を持って記載していますが)当サイトに載せている情報に基づく行動で損失が発生した場合においても、一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る