『ア・プライベート・ウォー』(A Private War)

 『ア・プライベート・ウォー』(A Private War)

-Biography,Dram,War

実在した女性戦場ジャーナリスト、メリー・コルビンの実話をもとにした、作品。彼女は、レバノン内戦や第一次湾岸戦争、チェチェン紛争、東ティモール紛争など、世界中の戦争や紛争地など危険地帯の取材をおこないますが、2001年のスリランカ内戦の取材で左目を失明。その後、心的外傷後ストレス障害(PTSD)負いながらも現場復帰し、そのときにつけるようになった、黒い眼帯が彼女のトレードマークになりました。2012年、シリアのホムス(シリア騒乱)にて反政府側の取材中に、政府軍の砲弾を受けて、亡くなっています。

彼女が所属する、サンデー・タイムズは、英国保守系高級紙、タイムズの日曜版であり、あのルパート・マードック紙が会長を務めるニューズ・コーポレーションの傘下の企業が発行しています。ちなみに、ニューズ・コーポレーションは、2007年にダウ・ジョーンズ社を傘下におさめました。

ダウジョーンズといえば、(現在のニューヨーク・ダウのもととなる)1896年に「ダウジョーンズ工業平均株価」の指数(インデックス)を算出した会社であり、その指数は、米国株式の指標として広く活用されています。(2012年7月、インデックス算出事業は、S&Pダウ・ジョーンズインデックスに移行)(ウィキペディアから。)

-To risk her life for the truth

日本公開は未定。

予告は、YouTubeでどうぞ↓

メリー・コルビン役は、ロザムンド・パイク。

Amazon↑
が有名ですが、

個人的には、やはりこちらの弁護士役の
彼女が好きです。↓

Amazon prime↑

関連記事

ピックアップ記事

  1. [table id=246 /] [table id=247 /] アップルが標的に!? …

免責事項

当サイトは、一般的な情報提供を目的として書かれています。ですから、投資における最終意思決定は、ご自身の判断でお願いいたします。(データ等の数字は、細心の注意を持って記載していますが)当サイトに載せている情報に基づく行動で損失が発生した場合においても、一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る