先週(〜11/30)のマーケットの動き。

主な指標の1週間の動き

指標/銘柄11/30騰落率/(11/22日本・23米国比)
日経平均株価22,351.06円+3.25%
東証株価指数1,667.45+2.36%
JPX日経40014,746.58+2.41%
日本株国債10年0.091▼0.011
NYダウ
25,538.46ドル+5.16%
S&P5002,760.17+4.85%
ナスダック7,330.54+5.64%
米10年国債3.01%▼0.05
アップル(AAPL)178.58ドル+3.65%
アマゾン(AMZN)1,690.17ドル+12.5%
・終値ベースでの比較。+上昇、▼は下落をあらわしています。/債券の騰落率は利回りの変化幅。

パウエル議長の発言を好感

なんといっても、先週は28日の米国市場、NYダウの600ドル以上の値上がり。パウエルFRB議長の「米国の政策金利は中立とされるレンジをわずかに下回る水準にある」との前日の発言が、米金利が低水準にとどまるとの思惑をよび、投資家がポジティブに反応したためとの解説がありました。

米中首脳会談、決裂回避

注目された、米中首脳会談では、両首脳からは前向きな発言が聞かれ、週末の株価も上昇し
先週の取引を終えています。なによりも、最悪のケース、”首脳会談決裂”を回避できたことが好感されていたようでした。

FOMCまでは、様子見?

東京市場は、米国株式市場の上昇を素直に受け入れ、堅調に推移した、一週間でした。大阪万博開催など、株式市場にはプラスに働く、大きなイベントも決定しており、期待したいところですが、日米株式市場の反発のきっかけが、「金利」なだけに、12月(18日〜19日)の米FOMCまでは神経質な動きになると思われます。

関連記事はこちら↓

11月3週、海外投資家の大幅売越にも、しっかりの東京マーケット。

 

 

関連記事

ピックアップ記事

  1. [table id=246 /] [table id=247 /] アップルが標的に!? …

免責事項

当サイトは、一般的な情報提供を目的として書かれています。ですから、投資における最終意思決定は、ご自身の判断でお願いいたします。(データ等の数字は、細心の注意を持って記載していますが)当サイトに載せている情報に基づく行動で損失が発生した場合においても、一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る