原油価格の下落を消化できなかった?先週の市場の動き。

主な指標の1週間の動き

指標/銘柄11/16騰落率/(11/9比)
日経平均株価21,680.34円▼2.56%
東証株価指数1,629.30▼2.61%
JPX日経40014,429.81▼2.49%
日本株国債10年0.114▼0.015
NYダウ
25,413.22ドル▼2.21%
S&P5002,736.27▼1.60%
ナスダック7,247.87▼2.14%
米10年国債3.08%▼0.11
アップル(AAPL)193.53ドル▼5.35%
アマゾン(AMZN)1,593.41ドル▼6.95%
・終値ベースでの比較。+上昇、▼は下落をあらわしています。/債券の騰落率は利回りの変化幅。

原油価格の下落に戸惑い?

先週は、引き続き原油価格の動向に注目が集まりました。世界の生産量が増加するなか、米国が再開した、イラン制裁ではイラン原油の主要輸入国である一部の諸国(日本、中国、インド、韓国、トルコなど)を適用除外(180日間は輸入を容認)とされたことを受け、供給不安が後退し原油マーケットには、弱気な見方が広がっていました。

原油価格は、10月上旬の高値(WTI 原油先物の価格76ドル台)から、55ドル台前後までの下落。サウジアラビアがOPEC(石油輸出機構)解体が石油市場に及ぼす影響について、調査をしているとの一部報道が、重なったことも原油価格の下落の理由にあげるメディアがありました。

さらには、トランプ大統領が「サウジやOPECが減産しないことを願う。原油価格は供給に基づき、かなり値下がりすべきだ」とツィートしたことや、IEA(国際エネルギー機関)の供給過多(来年いっぱい)になるとのリポートが、原油価格下落に追い打ちをかけました。

株式市場には、マイナス?

原油価格の下落は、「世界全体が需要過多になるほどの、経済成長が期待できないというサインではないか。」そんなネガティブなイメージを打ち消す、材料を見出せないまま、米国株式市場は、先週の取引を終えています。ここまで、マーケットをけん引してきた、アップル、アマゾンをはじめとする、ハイテク株の下落も、投資家心理を不安にさせています。

関連記事

ピックアップ記事

  1. [table id=244 /] パウエル議長発言効果と米中貿易問題解決へに期…

免責事項

当サイトは、一般的な情報提供を目的として書かれています。ですから、投資における最終意思決定は、ご自身の判断でお願いいたします。(データ等の数字は、細心の注意を持って記載していますが)当サイトに載せている情報に基づく行動で損失が発生した場合においても、一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る