先週1週間の(〜12/7)マーケットの動き

主な指標の1週間の動き

指標/銘柄12/7騰落率・11/30比
日経平均株価21,678.68円▼3.%
東証株価指数1,620.45▼2.82%
JPX日経40014,336.16▼2.78%
日本株国債10年0.063▼0.028
NYダウ
24,388.95ドル▼4.5%
S&P5002,633.08▼4.60%
ナスダック6,969.25▼4.93%
米10年国債2.85▼0.16
アップル(AAPL)168.49ドル▼5.65%
アマゾン(AMZN)1,629.13ドル▼3.61%
・終値ベースでの比較。+上昇、▼は下落をあらわしています。/債券の騰落率は利回りの変化幅。

大荒れの米国市場

先週の米国株式市場、ニューヨーク・ダウは、12/4にほぼ▼800ドル、週末の12/7に▼558ドル安、一週間では、▼1,148ドル安と大荒れの展開。
7日の米国市場では、11月の雇用統計のうち、非農業部門雇用者数は、15.5万人増と予想の20万人増に届かず、FRBによる利上げが早期に打ち止めになるのではと、株価は上昇する場面がありました。しかし、ナバロ通商製造政策局長が、米中による、90日間の交渉期間内に合意できなかった場合、米政府は関税引上引き上げに動くとの見解をしめし、米中貿易戦争への不安が、再び広がりました。

アップル(AAPL)の投資評価を引き下げ

個別では、モルガン・スタンレーが、アップルの目標株価を引き下げ。中国スマートフォン市場の減速を背景に、2019年のiPhoneの販売台数の見通しを下方修正したことが、嫌気されました。アップルには、悪いニュース?が続きます。

関連記事はこちら↓

先週(〜11/30)のマーケットの動き。

関連記事

ピックアップ記事

  1. [table id=246 /] [table id=247 /] アップルが標的に!? …

免責事項

当サイトは、一般的な情報提供を目的として書かれています。ですから、投資における最終意思決定は、ご自身の判断でお願いいたします。(データ等の数字は、細心の注意を持って記載していますが)当サイトに載せている情報に基づく行動で損失が発生した場合においても、一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る