主な指標の一週間の動き(〜12/14と12/21)米国景気にクエッション?

主な指標の1週間の動き(〜12/14と12/21まで)

指標/銘柄12/21騰落率・12/14比
日経平均株価20,166.19円21,374.83円
東証株価指数1,488.191,592.16
JPX日経40013,235.0014,102.17
日本株国債10年0.041%0.064%
NYダウ
22,445.37ドル24,100.51ドル
S&P5002,416.622,599.95
ナスダック6,332.996,910.67
米10年国債2.79%2.90%
アップル(AAPL)150.73ドル165.48ドル
アマゾン(AMZN)1,377.45ドル1,591.91ドル
・終値ベースでの比較。+上昇、▼は下落をあらわしています。/債券の騰落率は利回りの変化幅。

世界経済に暗雲が・・!?

先週(12/10〜12/14)の米国株式市場は、その前の週の波乱から多少を落ち着きを取り戻し、また、米中貿易交渉、進展への期待から13日(木)までは、しっかりとした動きでした。しかし、中国の11月の小売売上高が、15年ぶりの低い伸びを記録したことや、鉱工業生産も3年ぶりの低い伸びにとどまったこと、さらには12月のユーロ圏総合購買担当者景気指数(PMI)が4年ぶりに低下するなど、世界経済の先行きに対する懸念が出て、14日にはNYダウで、500ドル近くの値下がりをして取引を終えています。ハイテク企業の多いナスダック指数も、再び、7,000ポイントの大台を割り込んでしまいました。

名門企業に、スキャンダル!?

個別企業では、日用品・医薬品のジョンソン・エンド・ジョンソン(JNJ/133ドル→▼14.84ドル・▼10.04%)が急落。同社のベビーパウダーにアスベストが含まれていたことを、数十年間把握していたにもかかわらず、FDA(米食品医薬品局)に報告しなかったとロイターが報道。この報道が嫌気されていたようです。

iPhoneの販売を不安視

iPhoneの販売が不安視される、アップル(AAPL)ですが、一部アナリストが、第1四半期(2019年)の出荷予想を20%引き下げたことも伝わり、株価は、170ドルを維持できませんでした。

18日-19日の米FOMCに注目

今年も、あと残すところわずかとなりましたが、まだ大きなイベントを控え、マーケットも神経質な動きになりそうな気配。今後2年以内に米国が、景気後退(リセッション)に陥ると予想するエコノミストも増えてきており、FRBの今後の経済に対する見方、金利に対するスタンスが重要になってきます。18日-19日のFOMC後のパウエル議長の会見に注目が集まります。

関連記事はこちら↓

12月FOMC(18日〜19日)を前に今年、2018年のFOMCのまとめ。

 

 

 

関連記事

ピックアップ記事

  1. [table id=246 /] [table id=247 /] アップルが標的に!? …

免責事項

当サイトは、一般的な情報提供を目的として書かれています。ですから、投資における最終意思決定は、ご自身の判断でお願いいたします。(データ等の数字は、細心の注意を持って記載していますが)当サイトに載せている情報に基づく行動で損失が発生した場合においても、一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る