自公勝利のシナリオで動く、海外投資家。10月1週の動き。

JPX(日本取引所グループー
東京証券取引所、大坂取引所を含む)
によると、

10月1週(10/2〜10/6)
の投資部門別売買・取引状況では、

海外投資家は、
現物 +6,590億円の買越
先物   + 4,581億円の買越

合計で+11,171億円の買越

となっていました。

9月の2週、3週と2兆円以上の強烈な
先物の買い戻し
(いわゆる、ショートカバー)を
した彼らが、小康状態を挟んで

単なる「買い戻し」から、
株価のさらなる上昇を期待し、

10月に入り、さらに

「買い」のポジションをとった
と判断できると思います。

選挙がはじまって、日々情勢が変化
するなか、海外投資家は、

特に、ヘッジファンドのような
短期売買を得意とするところは

自公の勝利、そして安倍政権の経済
金融政策維持の可能性が高いとみて

東京株式市場に積極的に参加して
きていると言えます。

9月2週の動きついて
こちら↓

9月3週の動きについ
こちら

9月4週の動きについて
こちら

 

 

関連記事

ピックアップ記事

  1. [table id=246 /] [table id=247 /] アップルが標的に!? …

免責事項

当サイトは、一般的な情報提供を目的として書かれています。ですから、投資における最終意思決定は、ご自身の判断でお願いいたします。(データ等の数字は、細心の注意を持って記載していますが)当サイトに載せている情報に基づく行動で損失が発生した場合においても、一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る