過去最長16日連騰後、下落の日経平均株価。この後は、どうなる!?歴史を紐解くと・・・

さすがに、過去最長の連騰も16日
(営業日)ともなると、一服したい
ところでしょうか?

本日、10月25日の日経平均株価は、

21,707.62円と前日比97円ほど
下落しています。

日経平均株価は、10月2日から24日
まで連日の上昇。この間の上昇率は、

20,400.78→21,805.17で、およそ

6.9%。(終値)

過去の日経平均の連騰記録を調べて
みると、今回を除く、12日以上の

連騰で、興味深いところでは、

朝鮮戦争特需による相場で
①1952年6/24〜7/7(約11%上昇)
②1953年1/5〜1/19(約17%上昇)

そして、平成バブル相場のはじまりと
される、80年台後半の
③1986年3/1〜3/15(約7.5%上昇)

※①〜③は、まるで現代史の教科書の
ようです(笑)

また、アベノミクスという言葉が
盛んに使われた、一回目の
『アベノミクス相場』が、

④2015年5/15〜6/1(約5.1%上昇)

となっています。さらにデータ
として、(11連騰以上8回で計算)

連騰後の調整、つまり下落は
軽微におわり、

最大の下落率で▼8%
最小で、▼0.2

平均で▼2.4%

日数も1週間程度
で回復。そして、

その後の相場のピークまでは
平均で、約26%の上昇と
なっています。

『「連騰記録」のあとは、
歴史的な大相場が来ている』
という、

傾向をとらえるのであれば、

おした(下落した)ところは
素直に買いで、

いいのかなと思います。

 

 

 

 

 

関連記事

ピックアップ記事

  1. [table id=246 /] [table id=247 /] アップルが標的に!? …

免責事項

当サイトは、一般的な情報提供を目的として書かれています。ですから、投資における最終意思決定は、ご自身の判断でお願いいたします。(データ等の数字は、細心の注意を持って記載していますが)当サイトに載せている情報に基づく行動で損失が発生した場合においても、一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る