有事の円買いは、本当なのか?

為替の予想が、一番難しい

長期投資や分散投資に欠かさせない、DCやNISAの話題を取り上げ
ている身?としては、目先のマーケットの話をしても、仕方がない
のですが現在のマーケットに対し、”なぜ”という疑問を持たれる
方もいらっしゃるかもしれないので少し、解説してみたいと思い
ます。

北朝鮮の不穏な動きを見れば、この状況では、様子見が正しい選択
だと思われます。しかし、株式や為替のマーケット動きはその判断
をさらに迷わすものにしています。

北朝鮮が暴走する可能性も高まり、地政学的リスクがあるのに、
円が買われ、株式市場もパッとはしないものの、大きな下落を繰り
返しているわけではない、ということ。

紛争や戦争などの混乱があったときの「有事」には、「ドル買い」
ということが言われていたときがありました。それが、特に、リー
マン・ショックの金融危機後からは、何かあれば円が買われる、
「有事の円買い」?が普通になってきています。

長い目で見ると、現在の1ドル=110円割れは、円高(ドル安)と
言えるのかという疑問は残りますが、円高は株式市場を停滞させ
るには、十分な材料にはなります。

ミサイルがどこかの大都市に飛んでくるかもしれないときに、
円が買われる理由としては、
①消去法として、安全通貨だから?
②デフレの国の通貨は買いで、円買い?
③他の国に比べ、比較的経済が良好だから?
④ヘッジファンドが、日本株を売り、円買い?

①は、北朝鮮を目の前にして、そもそも安全ではない
②デフレからは(道半ばですが)脱出しつつある
となると、

雇用環境の改善や訪日外国人の数も昨年ペースを上回る
など好調さが現れる、日本経済が他国に比べ、良好であると
外国人(海外)投資家が判断し、彼らが円を買っている。そこに、

日本株売り、円買いで短期の利益を狙う、したたかな、ヘッジフ
ァンド(彼らも外国人投資家)が、参戦してきている。

北朝鮮情勢に変化なしということが、大前提になりますが、
「日本経済」が良好であると、気づいていないのは、ひょっとする
と我々日本人だけかもしれませんね。次に、

ヘッジファンドが狙うのは、日本株を買って、円を売るタイミング
のような気がします。

 

関連記事

ピックアップ記事

  1. [table id=246 /] [table id=247 /] アップルが標的に!? …

免責事項

当サイトは、一般的な情報提供を目的として書かれています。ですから、投資における最終意思決定は、ご自身の判断でお願いいたします。(データ等の数字は、細心の注意を持って記載していますが)当サイトに載せている情報に基づく行動で損失が発生した場合においても、一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る