外国人投資家の日本株の売越しは何を意味する!?

まばたきより、速いって・・

東京株式市場での、外国人投資家のシェアは、圧倒的といっても
過言でありません。今年(1月〜5月)に入ってもその勢いは、衰
えず、現物株の売買代金ベースで、70%を下回ることはありません。

外国人投資家は、大きく3つのタイプに分かれます。その資金量の
大きさからすると、

①投資信託
②年金
③ヘッジファンド

の順になりますが、東証の売買代金が、2兆円そこそこのときは、短
期売買を得意とするヘッジファンドなどが、縦横無尽(じゅうおうむ
じん)に動いているとみて良いと思います。

東証(東京証券取引所)が、すでに欧米に負けない速度処理をする、
システムを導入し、外国人投資家のニーズに対応していることが、彼
らが、東京株式市場に積極的に参加している大きな理由です。

HFT(高頻度取引)といって、独自のアルゴリズムを使い、瞬きする
よりも速く、超高速で取引を終える、ヘッジファンドの一種?も盛ん
に、東証で日本株の商いをしています。

さて、ヘッジファンドを中心とする、外国人投資家は、4月の第1週か
ら、5月の第5週まで、累計で日本株をおよそ1兆9500億円買越しをし
ていましたが、(この間の日経平均株価は、18,983円→20,177円 へ
終値)

6月に入り、1週▲350億円、2週▲3,210億円と売越しに転じています。
この売越しが、何を意味するかは、まだわかりませんが、ダントツの
シェアをもつ、彼らがそれまでとは、真逆のスタンスをとりはじめた
ことは、忘れてはならないと思います。

関連記事

ピックアップ記事

  1. [table id=246 /] [table id=247 /] アップルが標的に!? …

免責事項

当サイトは、一般的な情報提供を目的として書かれています。ですから、投資における最終意思決定は、ご自身の判断でお願いいたします。(データ等の数字は、細心の注意を持って記載していますが)当サイトに載せている情報に基づく行動で損失が発生した場合においても、一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る