外国人投資家は、安倍政権の支持率を結構見ている!?

リーダーの評価は、資産運用と同じ。長い目で見て・・

まずは、最近のマーケットを見て不思議に思えるところ。

米国FRBが、金利を引き上げているのに、債券が買われ、金利が
上がらないこと。これは、

トランプ政権への経済政策への期待が徐々に薄れ、さらには小売上
などの数字も落ち込み、米国景気が鈍化しているという見方。(物
価と相関関係にある、原油価格も下落をしています。)

リスクを取って、株式を買うよりも景気鈍化を敏感に感じとり、リス
クオフとなり、債券を買う動き(金利が低下)が出ていると見るのが、
理にかなっていると思います。

一方、東京株式市場。日経平均株価は20,000円を挟んだ動きで、売買代
金も低迷し、なかなか思うように上昇してくれないとなげく、市場関係
者も多くいる状況です。

①米国の景気鈍化への危惧
②中国の景気減速の見極め
③日経平均、2万円前後で過去に買った
投資家からの、やれやれ売りなど

が考えられますがそれ以上に、これまで日本の株式市場をひっぱり、
2万円達成をなし遂げた立役者?外国人投資家が、自国のマーケットへ
の警戒感から、東京マーケットへの積極的な参加を見送りはじめたか
らかもしれません。しかも

一人勝ちを嫌うマスコミと野党の徹底した、キャンペーン?(森友、
加計問題)によって、低下した安倍政権の支持率に嫌気をさして、日本
から離れていってしまうことも、十分ありえる話しです。

関連記事

ピックアップ記事

  1. [table id=246 /] [table id=247 /] アップルが標的に!? …

免責事項

当サイトは、一般的な情報提供を目的として書かれています。ですから、投資における最終意思決定は、ご自身の判断でお願いいたします。(データ等の数字は、細心の注意を持って記載していますが)当サイトに載せている情報に基づく行動で損失が発生した場合においても、一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る