海外投資家、日本株を買う!10月4週までの動き。

JPX(日本取引所グループー
東京証券取引所、大坂取引所を含む)
によると、

10月4週(10/23〜10/27)
の投資部門別売買・取引状況では、

海外投資家は、
現物 +6,703億円の買越
先物   + 1,861億円の買越

で合計、+8,564億円。

大幅買越しが目立ちはじめた、
9月の4週からは(9/25〜10/27)
おおよそ
現物で、2兆4,000億円

先物が、1兆2,000億円と
なっています。

東証の売買代金の6割以上を常に
占める、海外投資家ですが、
今回のケースでは、

まず、

①目先筋?のヘッジファンドが

何が問題かわからない?「モリカケ
問題」での、安倍政権の動揺を
ネガティブにとらえ、

夏くらいまで、日本株を売っていた
彼らが、

『解散総選挙』で

潮目が変わると判断し慌てて、

先物を買い戻し、それがきっかけと
なって、現物株式の買いを誘い、

米国株の好調さと、国内企業の好決算
などとあいまって、

上昇に弾みをつけた格好となりました。

直近では、同じ海外投資家でも
日本株買いに、出遅れていた、

②投信信託や、政府系ファンド
そして、年金基金の

長期保有を旨とする、ところが
乗り出し、日本株を買いにきた、
というのが日経平均株価が、

22,000円台

をつけた大きな流れです。

下がったところを待っている、
国内の投資家も多いのですが、

なかなか買わしてもらえない
のが実情のようです。

先日も、解説しましたが、

日銀のETF購入も、年内
あと、1兆2000億円ほど、
余裕を残しています。

下落も限定的で、むしろ
年末年始へむけて、

一段高への期待が市場関係者の
間では、高まっています

関連記事はこちら↓

自公勝利のシナリオで動く、海外投資家。10月1週の動き。

関連記事

ピックアップ記事

  1. [table id=246 /] [table id=247 /] アップルが標的に!? …

免責事項

当サイトは、一般的な情報提供を目的として書かれています。ですから、投資における最終意思決定は、ご自身の判断でお願いいたします。(データ等の数字は、細心の注意を持って記載していますが)当サイトに載せている情報に基づく行動で損失が発生した場合においても、一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る