海外投資家は、現物買越し、先物を今度は売越しの9月4週の動き。

JPX(日本取引所グループー
東京証券取引所、大坂取引所を含む)
によると、

9月4週(9/25〜29)
の投資部門別売買・取引状況では、

海外投資家は、
現物 +2,018億円の買越
先物 ▼1,445億円の売越

合計で、+573億円の買越

でした。

先物で
(9/11〜22)2週〜3週にかけて

12,446億円+8,506億円
=20,952億円と、

2兆円を超える買越をして
いた、海外投資家。それが

一転、逆に

先物で売越、現物を買越

してきたことに、

どういう変化があるか
わかりませんが、

先物→ヘッジファンド
現物→海外の投信、年金

と考えれば、

海外投資家の中でも、
投資期間の長めの

資金が日本株をじっくり、
腰を落ち着けて買いにきている?

という解釈もできるかもしれません。

国内は、選挙ムード一色ですが
結果が読めない状況です。

マーケット関係者がのぞむ、

「与党勝利」(大勝利でなくても
いい、過半数維持程度でOK)

の状況になるかどうかは、
まだまだ予断を許さないところですが、

連休明け、明日10日の

「北朝鮮労働党創建記念日」
何も起こらないことを、

祈るばかりです。

9月2週の動きついて
こちら↓

9月3週の動きについ
こちら

関連記事

ピックアップ記事

  1. [table id=246 /] [table id=247 /] アップルが標的に!? …

免責事項

当サイトは、一般的な情報提供を目的として書かれています。ですから、投資における最終意思決定は、ご自身の判断でお願いいたします。(データ等の数字は、細心の注意を持って記載していますが)当サイトに載せている情報に基づく行動で損失が発生した場合においても、一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る