外国人投資家の4月の強烈な日本株買いはあるのか?

誰が、日本企業の株を買っているのか

3月決算という、日本特有のアノマリー(季節的要因)もあって、
米国株式市場に比べ、東京マーケットはぱっとしません。決算
の数字を固めるにために特に、機関投資家等(生保や銀行、運用
会社も)は3月の中旬ぐらいまでには、保有株を売却し、新年度
入るまでは動きません。さらに今年は、昨年11月からの”トラン
プ相場”もあり米国株式市場のここへきての息切れから、気迷い気
分が日本にもただよってきているようです。

いずれにせよ、3月は日本特有の時期で、株式需給からすると、売
りが出やすく、売りが先行しやすいタイミングでもあるわけです。

東証(東京証券取引所)から毎週発表される(通常木曜日)、
投資部門別状況によると、日本株の売買の6割以上は常に外国人
(海外)投資家によるものです。外国人投資家の中には、短期的
な売買で利益を目指すヘッジファンドをはじめ、この時期に存在
感を示す、(海外の)投資信託や年金資金があります。

海外投資家も4月に動く

4月は、中長期で株式の値上がりを求める、(海外の)投資信託
(投信)や年金等のニューマネーが動きはじめると言われており
その動向が注目されています。

過去5年の外国人投資家の日本株買い越し額は以下のとおりです。
(東証の投資部門別売買状況より作成)※買い越しは、日本株に
対し、彼らが強気であると考えます。↓↑は、4月の日経平均騰落
下落、上昇をあらわします。

2012年・・・・ 950億        ↓
2013年・・2兆6,800億  ↑
2014年・・・  4,244億円 ↓
2015年・・1兆9,950億円 ↑
2016年・・・  8,600億円 ↑

関連記事はこちら↓
2018年4月4週の海外投資家

関連記事

ピックアップ記事

  1. [table id=244 /] パウエル議長発言効果と米中貿易問題解決へに期…

免責事項

当サイトは、一般的な情報提供を目的として書かれています。ですから、投資における最終意思決定は、ご自身の判断でお願いいたします。(データ等の数字は、細心の注意を持って記載していますが)当サイトに載せている情報に基づく行動で損失が発生した場合においても、一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る