マーケットを実感する

海外投資家の先物での大幅買い越しが、きっかけ?日経平均株価20,000円超え

投稿日:

野球の話では、ありません・・・
ショートカバー。

JPX(日本取引所グループー
東京証券取引所、大坂取引所を含む)
によると、

9月2週(9/11〜15)
の投資部門別売買・取引状況では、

海外投資家は、
現物 ▼4,172億円の売越
先物 +12,446億円の買越

合計で、+8,273億円の買越

でした。

8月ひと月の、
現物 ▼7,242億円
先物 ▼7,073億億円

合計で、▼14,315億円の売越

からは、現物の売越しは、変わらずとも
先物の買越しが、極端に目立つ

週(9/11〜15)となりました。

緊迫する北朝鮮情勢を踏まえ、
日本株全体の値下がりで、

利益を狙う、海外投資家、
特にヘッジファンドの、

思惑が外れ、慌てて、

先物から買い戻しに走った、
(いわゆるショートカバー)と
捉えるほうが、的を得た

マーケットの解説だと思います。

その大量の先物の買いをきっかけ
として、今週(9/19〜22)は

その流れのままに、

9月8日の日経平均株価(終値)で、
19,274円から、

9月22日
20,296円と、1,000円の

値上がりとなり、週末をむかえて
います。

日銀による、目立ったETFの購入
もないなかでの、

20,000円回復でしたので、
楽観的な見通しをする
マーケット関係者もいますが

大量のショートカバーが、上昇
の要因であるのならば、

相場の持続性には、疑問が残る
と個人的には、みています。

 

 

 

 

 

 

-マーケットを実感する
-, , , , , , , ,

Copyright© 米国株入門、アメ株チャレンジ! , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.