海外投資家の先物での大幅買い越しが、きっかけ?日経平均株価20,000円超え

野球の話では、ありません・・・
ショートカバー。

JPX(日本取引所グループー
東京証券取引所、大坂取引所を含む)
によると、

9月2週(9/11〜15)
の投資部門別売買・取引状況では、

海外投資家は、
現物 ▼4,172億円の売越
先物 +12,446億円の買越

合計で、+8,273億円の買越

でした。

8月ひと月の、
現物 ▼7,242億円
先物 ▼7,073億億円

合計で、▼14,315億円の売越

からは、現物の売越しは、変わらずとも
先物の買越しが、極端に目立つ

週(9/11〜15)となりました。

緊迫する北朝鮮情勢を踏まえ、
日本株全体の値下がりで、

利益を狙う、海外投資家、
特にヘッジファンドの、

思惑が外れ、慌てて、

先物から買い戻しに走った、
(いわゆるショートカバー)と
捉えるほうが、的を得た

マーケットの解説だと思います。

その大量の先物の買いをきっかけ
として、今週(9/19〜22)は

その流れのままに、

9月8日の日経平均株価(終値)で、
19,274円から、

9月22日
20,296円と、1,000円の

値上がりとなり、週末をむかえて
います。

日銀による、目立ったETFの購入
もないなかでの、

20,000円回復でしたので、
楽観的な見通しをする
マーケット関係者もいますが

大量のショートカバーが、上昇
の要因であるのならば、

相場の持続性には、疑問が残る
と個人的には、みています。

 

 

 

 

 

 

関連記事

ピックアップ記事

  1. [table id=246 /] [table id=247 /] アップルが標的に!? …

免責事項

当サイトは、一般的な情報提供を目的として書かれています。ですから、投資における最終意思決定は、ご自身の判断でお願いいたします。(データ等の数字は、細心の注意を持って記載していますが)当サイトに載せている情報に基づく行動で損失が発生した場合においても、一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る