投票日までの、上昇に期待するのは・・・

選挙で勝つのは・・・

JPX(日本取引所グループー
東京証券取引所、大坂取引所を含む)
によると、

9月3週(9/19〜22)
の投資部門別売買・取引状況では、

海外投資家は、
現物 ▼611億円の売越
先物 +9,117億円の買越

合計で、+8,506億円の買越

でした。

先物だけの動きを見ると、
9月2週と3週だけ(9/11〜22)

12,446億円+8,506億円
=20,952億円と、

実に、2兆円を超える買越し
をしていることになります。

緊迫する北朝鮮情勢よりも、
3連休(16〜18)明けの

衆議院解散、総選挙の報道
が、ヘッジファンドを中心

とする、海外投資家の
*ショートカバーに拍車をかけて
いたようです。

私達日本人が考えている以上に
彼ら、ヘッジファンドは、

日本の政治の動きに敏感に反応する
傾向が強いと言えます。

解散総選挙→与党勝利→
安倍政権の維持、アベノミクス継続
(日銀の金融政策も変わらず)
→日本株の上昇

というシナリオで、動きはじめ
たのかもしれません。

データでみても、

「解散→投票日」までの
日経平均株価の騰落率が

過去50年では、

上昇したのが、14回
下落したのが、1回

ですから、
海外投資家、ヘッジファンド
でなくても、

買いが優先されるのも納得できます。

ただ、

マスコミまで巻き込んだ、
「安倍政権打倒」

「緑の小池旋風」など、

予測不能な要素も多くあります。

選挙では
何が起こるかわからないという

ことを、米国のトランプ大統領誕生で
経験したのは、つい最近のことです。

ショートカバーや9月2週の動きついて
こちら↓

 

 

 

 

 

 

関連記事

ピックアップ記事

  1. [table id=246 /] [table id=247 /] アップルが標的に!? …

免責事項

当サイトは、一般的な情報提供を目的として書かれています。ですから、投資における最終意思決定は、ご自身の判断でお願いいたします。(データ等の数字は、細心の注意を持って記載していますが)当サイトに載せている情報に基づく行動で損失が発生した場合においても、一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る