2017年、株式市場前半を振り返る!海外投資家の買いは続くのか?④日本株編

海外投資家は、気まぐれ?

東証(JPX日本取引所グループ)の投資部
門別株式売買状況によ
ると

海外(外国人)投資家の2017年月別の売買
代金(現物株式)は(+は買越し、▲は売越
しをあらわします)

1月 +326億円
2月 ▲ 2,567億円
3月 ▲10,144億円
4月 +  7,556億円
5月 + 11,990億円
6月 ▲   2,397億円

売買代金シェアのおよそ、70%近くを占める
彼らの2017年前半はとりあえず、

+4,774億円のほどの買越しとなっています。

トランプ相場に、いまいち乗り切れなかった、
東京株式市場ですが日経平均株価で19,000円
〜20,300円のボックス圏では海外投資家、
特にヘッジファンドが積極的に動いていたこと
が指数先物との関係から、読み取れます。

米FRBの要人からは、米国株式市場の史上
最高値水準にあることへの、警戒する発言
も直近出ており、米国のほうでは、神経質
なマーケットの動きに今後なると思われます。

海外投資家の買いが、抜け目のない、ヘッジフ
ァンドが中心であると想定すると、米国株式市
場から変調が始まれば、円買い日本株売りの好
機と、彼らがまた動きだすかもしれません。

20,000円を超えていた、日経平均株価
ではありますが、2017年後半も、

ヘッジファンドに、やはり振り回されてしまう
のでしょうね。

 

関連記事

ピックアップ記事

  1. [table id=246 /] [table id=247 /] アップルが標的に!? …

免責事項

当サイトは、一般的な情報提供を目的として書かれています。ですから、投資における最終意思決定は、ご自身の判断でお願いいたします。(データ等の数字は、細心の注意を持って記載していますが)当サイトに載せている情報に基づく行動で損失が発生した場合においても、一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る