10月の第2週も、日本株を大幅買越していた、海外投資家。

JPX(日本取引所グループー
東京証券取引所、大坂取引所を含む)
によると、

10月2週(10/10〜10/13)
の投資部門別売買・取引状況では、

海外投資家は、
現物 +4,594億円の買越
先物   + 3,088億円の買越

で合計、+7,682億円となり

10月に入ってから、彼ら
海外投資家が、10/2〜
10/13の間に、実に

1兆8,853億円(現物と先物で)
の日本株の大幅買越を実行
していたことになります。

ここまで、彼ら海外投資家が(
ヘッジファンドを含む)積極的に
なるのは、

欧米株式市場の上昇に支えられ
リスク・オン(リスクを取りやすい)
状況にあることや

10月10日に発表された、
IMF(国際通貨基金)の「世界経済
見通し」で、

2017年3.7%、2018年3.6%と、
ともに、7月時に比べ、
実質成長率の見通しが各々+0.1%

上方修正されたことも関係している
と思われます。

日本経済の成長率も
それぞれ、

2017年+0.2%の1.5%
2018年+0.1%の0.7%

7月時調査に比べ、
上方修正されていましたが

日本の場合は、さらに
世界経済の成長

日本の輸出が増える

国内輸出企業の
売上増につながる

というような

世界経済のバロメーターと
なる優良企業が多く

あるため、出遅れ感のある
日本株に資金が向かったという

シナリオも十分説得力があると
思います。

もちろん、選挙の結果が
自公政権の政策維持

つながるという期待もあることは
忘れてはならないでしょう。

 

 

 

関連記事

ピックアップ記事

  1. [table id=246 /] [table id=247 /] アップルが標的に!? …

免責事項

当サイトは、一般的な情報提供を目的として書かれています。ですから、投資における最終意思決定は、ご自身の判断でお願いいたします。(データ等の数字は、細心の注意を持って記載していますが)当サイトに載せている情報に基づく行動で損失が発生した場合においても、一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る