きっかけは、選挙だった、2017年の東京株式市場。

2017年は、日本の株式市場にとって
今後を占う上でも、まさに節目に
なる年であったと考えています。

しかも

8月までのマーケットと
9月以降、特に10月、11月とは

全く雰囲気が変わっていたのでは
ないでしょうか?

日経平均株価でみると、

10月下旬にかけて史上最長となる
16営業日連続の値上がりを記録。

さらに

11月には,一時2万3000円台まで上昇
し、25年10カ月ぶりの高値をつけました。

きっかけは、やはり選挙だったと考える
のが妥当だと思います。

結果は、自公政権の圧勝。海外投資家は、
(ヘッジファンドが中心)選挙前から、

このシナリオを前提に大きく、日本株
の『買い』に動きはじめていました。

そこに、好調な企業業績や

米国株高、日銀によるETF(上場型投資
信託)購入の大きな支援材料が加わり、

10月、11月の流れにつながりました。

このブログへのアクセスにもそれが、
あらわれており、

下記のタイトル記事のブログが
ダントツのヒット数になっていました。

参考までに↓

自公勝利のシナリオで動く、海外投資家。10月1週の動き。

関連記事

ピックアップ記事

  1. [table id=246 /] [table id=247 /] アップルが標的に!? …

免責事項

当サイトは、一般的な情報提供を目的として書かれています。ですから、投資における最終意思決定は、ご自身の判断でお願いいたします。(データ等の数字は、細心の注意を持って記載していますが)当サイトに載せている情報に基づく行動で損失が発生した場合においても、一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る