利用3年の出張族が語るLCC。

LCC体験記

LCC(Low-cost carrier 格安航空会社)
の出現によって、国内に限らず、海外へ
の旅行が身近なものとなりました。

私の場合仕事柄、3ヶ月に一度のペース
で、東京に研修にいかなければならない
ために、

交通費が後から精算されるとはいえ一時
的な出費はおさえたいところです。

今回のプランは、新千歳→ ←成田
使ったLCCは、ジェットスター
(Jetstar★)。画像はPeachですが(笑)

往復の料金は、15,660円。これに成田
からの東京駅までの高速バス、1,000円
✕2( 帰りも利用)

今回は17,660円で新千歳から東京都内
までを往復することができました。

航空機代の明細(税込み 往復です。)

往復運賃 12,980円(6,490円✕2)
座席指定 920円(460円✕2)
支払手数料(?)1,000円
旅客施設使用料 760円

合計15,660円 となっています。

このプランでは、7Kgまでの手荷物機
内持ち込みが(無料)です。追加で、

1,750円を払うことで、大きな10Kgま
での荷物を預けたり、お茶やコーヒー
のサービスその他が、ついています。

同じLCCのバニラ・エア(新千歳成田
間往復)でも、オプションに多少違い

があっても金額的には大体同じくらい
(16,000円前後)になります。

因みに、

新千歳空港から、大手航空会社でいくと
なると新千歳→羽田まで(往路 片道)

JALの場合(3ヶ月前に予約できたとして
午後から夕方までの出発)
先得割引等利用12,290円〜
20,490円

羽田→新千歳(復路 片道)
22,590円〜13,790円

一番安い組み合わせで往復(新千歳羽田
間)できたとしても、26,000円以上はか
かることになります。

また、直前でないとプランが決められな
い時などは、大手ですと、

60,000円〜80,000円のとんでもない、

飛行機代になってしまいます。

もちろん、マイルや株主優待などを上手
に使うこともできるでしょうが、それで
もLCCの安さが目立ちますね。

乗る前に知っておきたい、LCCあるある

最後に、私の感想を含めたLCCを利用
する場合の注意事項をまとめておきます。

・とにかく、空港では歩くことを覚悟?
したほうが良いです。成田の出発搭乗口
までは、LCCは遠い。(個人的な感想です。)

・お出かけの際は、時間に余裕をもって。
出発時間の1時間前までには、搭乗手続きを
済ませておきたいものです。

・初めて利用する場合は、特に空港では、
迷わないように事前にどのあたりにカウン
ターがあるか調べておいたほうが良いでしょう。

また、スマートフォンのアプリなどを使い、
発券しないで搭乗すると、余計な時間も
とられず、それこそ、スマート。

・明らかに荷物が多いときは、事前にそのよ
うなプランにしておくことをおすすめします。

アジア系の方々が当日、重量オーバーで
空港で多めのキャッシュを払う姿を何度も
目撃しています。

・慣れてしまえば、なんともないのですが
飛行機全体がせまいので体の大きい男性は

肩身の狭い思いをするかもしれません。
因みに私は、175cm以上、85kg(多分)
です。(笑)

 

 

関連記事

ピックアップ記事

  1. [table id=246 /] [table id=247 /] アップルが標的に!? …

免責事項

当サイトは、一般的な情報提供を目的として書かれています。ですから、投資における最終意思決定は、ご自身の判断でお願いいたします。(データ等の数字は、細心の注意を持って記載していますが)当サイトに載せている情報に基づく行動で損失が発生した場合においても、一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る