アノマリー(Anomaly)とは、季節的要因のこと?

昨年の、3月8日の投稿より。

日米の株式市場は、この頃とは
ガラッと、雰囲気が変わってきています。

米国は、堅調な企業業績に支えられ

日本の場合は、
10月の自公政権大勝から上昇プロセスへ、

といった流れでしょうか?

アノマリーは全てではありませんが、
経験則とか、

季節的要因などと呼ばれています。
参考にしてください。↓
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
株式市場はいろいろな外部要因等をもとに、
それが株式の需給関係に影響を
与えます。

(ある要因やニュースなどをきっかけとして)
つまり、買いたいと思う人が多いときは、株価
が上昇し、売りたいと思う人が多くなっている
ときは値下りします。その繰り返しです。

企業や経済全体を分析する専門家達や投資家は
その上げ下げを予想することに、しのぎを削っ
ています。

いろいろな投資理論を持ち出し、何とか分析が
あたり、また株があがることを日々願って
います。そこで出てくるのは、

アノマリー(Anomaly)です。
続きはこちら↓

アノマリー(Anomaly)には、日本特有のものもあります。

関連記事

ピックアップ記事

  1. [table id=246 /] [table id=247 /] アップルが標的に!? …

免責事項

当サイトは、一般的な情報提供を目的として書かれています。ですから、投資における最終意思決定は、ご自身の判断でお願いいたします。(データ等の数字は、細心の注意を持って記載していますが)当サイトに載せている情報に基づく行動で損失が発生した場合においても、一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る