再スタート、準備中。 ボタン

ベージュブックで、地域の経済状況を報告します。

『投資に役立つキーワード』では、ひと月のうちに出てくる、重要経済指標や重要イベントを時系列に解説しています。長期投資の立場で考えれば、後で振り返った時に、『そんなことがあったな』程度のものですが、それでも知らないであたふたするより、知っておいた方が目先のことに振り回されずに済みます。似たようなことを繰り返す、マーケットの癖とかがわかるようになります。7月も後半に入ります。

目次

重要スケジュール

7月14日ベージュブック発表←ここです
パウエル議長議会証言(14日下院、15日上院)
7月16日6月小売売上高
7月ミシガン大学消費者信頼感指数(速報値)
7月22日6月景気先行指標総合指数
6月中古住宅販売件数
7月27日5月S&PコアロジックCS住宅価格指数
7月消費者信頼感指数、FOMC開催
7月28日パウエルFRB議長会見
7月29日4-6月期実質GDP(速報値)
7月後半版重要スケジュール

ベージュブック(地区連銀経済報告-Beige book)とは・・

FRB(アメリカ連邦準備制度理事会)がまとめた、地域の経済状況を報告する文章のことを指します。FOMCの2週間の水曜日に公表します。

今回のベージュブックでは・・

FRBが14日に公表した地区経済報告(ベージュブック)によれば、『米経済は回復ペースが加速した。ただ、新型コロナウィルスのパンデミック(世界的大流行)からの経済活動再開を受け、求人や受注対応の上で負担が増大した。・・米国経済は5月下旬から7月初めにかけて力強さがさらに増した・・材料や労働力の不足に加え、出荷遅延や多くの消費財の低い在庫水準など、サプライサイドの障害がさらに広がった。』と記述。今回のベージュブックは12地区連銀が7月2日までに集めた情報を基に、ボストン連銀が作成した。

-Bloomberg 7.15ニュースより

「需要の見通しは、改善したが、供給制約の緩和については不確実」との見方のようです。その他、

  • 賃金は平均して適度なペースで上昇した
  • 貸し出しはほとんどの地区でわずかにまたは適度に増加した
  • 一部の地区は価格圧力が一時的なものであるとみている

となっていました。

よかったらシェアしてね!
  • URL Copied!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる