景気の「気」は雰囲気の「気」?景気ウォッチャー調査とは・・?

景気の「気」 は雰囲気の「気」?

『・・・面白いのは、日本人が日常的に使う
「景気」をズバリ言い表す英語が存在しない
ことだ。経済学の論文などでは、”business”

“economy”といった単語が適宜用いられてい
る。「景気」の意味はその人その人のイメージ
によってまちまちであり、曖昧な表
現が多様さ
れる日本社会だから通用する言葉だという気がする』

「なぜ日本だけがこの理不尽な世界で
    勝者になれるのか」
髙橋洋一氏著 KADOKAWAより〜

「景気」は半径1㍍以内で起きること

セミナーや勉強会では何気なく使う「景気」
ですが、考えて見ればどの状況になれば、景気が
いいのか悪いのかということをあくまでも私の狭
い行動範囲の中で言っているのであり、あやふや
ですね。

髙橋氏よれば、「一般の人が口にする「景気」と
いうのは、身の回り半径1㍍の世界で起きている
現象。その範囲の外で起きていることは体感でき
ないからマスコミの情報を頼ることになる。

ところが、マスコミの報道も所詮は記者の半径1㍍
のなかで、起きていることばかりだ。」

さすがに、バブル時代ぐらいの景気を目安にする
ことはないかもしれせんが、それでも、様々な仕事
にたずさわる人のを声聞いて、その都度その都度の
日本の景気、経済を判断する貴重な材料にはなると
思います。

景気ウォッチャー調査とは

『景気ウォッチャー調査』は、内閣府より月次
ベースで、毎月、前月のものが、翌月10日前後に
発表されています。直近では、2017年5月
の数字が、内閣府のHPで見ることができます。

「5月の現状判断DIは、
前月差0.5ポイント上昇の48.6、
先行き判断DIは、
前月差0.8ポイント上昇の49.6となった。」

今回の調査結果に示された、景気ウォッチャー
見方は、「持ち直しが続いている。先行きについては、
人手不足に対する懸念もある一方、引き続き受注や
設備投資等への期待がみられるとまとめられる。」
としています。気になる、景気ウォッチャーですが、
詳細は・・次回に。

 

関連記事

ピックアップ記事

  1. [table id=246 /] [table id=247 /] アップルが標的に!? …

免責事項

当サイトは、一般的な情報提供を目的として書かれています。ですから、投資における最終意思決定は、ご自身の判断でお願いいたします。(データ等の数字は、細心の注意を持って記載していますが)当サイトに載せている情報に基づく行動で損失が発生した場合においても、一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る