景気ウォッチャーは、あなたのすぐそばにもいるかも!?

 

景気ウォッチャーは、全国に2,050人

『景気ウォッチャー調査』は人々が景気に
ついて、どう感じているかをアンケートで
たずねた、「景況感調査」の一種です。同じよう
なものに、日銀の『短観(たんかん)』があります。

その名前のとおり、景気ウォッチャーは、
「景気を観察する人。」

全国で2,050人が選ばれ、

毎月の調査の質問(アンケート)に回答。

3カ月前と比べた景気の現状と2カ月〜3カ月先の
見通しを、5段階評価で回答してもらいそれを集計し
たものがそれぞれ「現状判断DI」と「先行き判断DI」

として発表されます。ざっくり、景気の良し悪しを
DI(ディフュージョン・インデックス 景気の方向性
を見る)が、50%を超えているかどうかで判断。
景気の計量化?の試みといえます。

景気ウォッチャーの職業は、代表的な経済活動項目
(家計動向・企業動向・雇用等)を敏感に反映する
現象を観察できる業種の適当な職種の中から選定さ
れた、2,050人です。具体的には・・・

あなたの身の回りにいる景気ウォッチャー

百貨店やコンビニの販売担当者、店員/中小企業の
経営者(レストラン、スナックなども)/遊園地、
ゴルフ場の従業員/設計事務所職員/司法書士や会計
事務所の職員/広告代理店経営者、人材派遣会社員
/タクシーの運転手、ハローワークの職員など。

ウォッチャーの職種をみると、まさに「街角景気」
の実態をあらわすものといっていいと思います。
個別の判断理由も、あわせて発表されています。

たまに、タクシーに乗り運転手さんにたずねる、

「最近、どう?」は、我々が、景気を判断する
上で、重要な質問であります。(笑)

 

 

関連記事

ピックアップ記事

  1. [table id=246 /] [table id=247 /] アップルが標的に!? …

免責事項

当サイトは、一般的な情報提供を目的として書かれています。ですから、投資における最終意思決定は、ご自身の判断でお願いいたします。(データ等の数字は、細心の注意を持って記載していますが)当サイトに載せている情報に基づく行動で損失が発生した場合においても、一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る