『観光先進国になる!』という、強い意志。

海賊王に俺はなる!とルフイは言った

『 観光は、我が国の成長戦略の大きな柱
の一つ。そして地方創生への切り札であり、
GDP600兆円に向けた成長エンジンで
もある。

・・・中略「世界が訪れたくなる日本を
目指し、今日決定」した10の改革を着実に
実行していくことで「観光先進国」という、
新たな高みを国を挙げて実現してまいりま
す。』

「できることはすべて行う。」

2016年3月30日安倍総理は、”明日の日本を支
える観光ビジョン構想会議”において、強い
意志を示しました。

2030年には、

訪日外国人旅行者数を6,000万人する
いう大きな目標を掲げています。

”明日の日本を支える観光ビジョン構想会議”
で決定した、具体的な政策は、「観光先進国」
への「3つの視点」と「10の改革」として、
まとめられています。それは、

視点1
ー観光資源の魅力を極め、地方創生の礎に

・「魅力ある公的施設」をひろく国民
そして世界に開放

*  赤坂や京都の迎賓館など大胆に公開・
開放

・「文化財」を「保存優先」から観光客
目線での「理解促進」、そして活用へ

・「国立公園」を、世界水準の「ナショ
ナルパーク」へ

・おもな観光地で「景観形成」をつくり、
美しい街並みへ

視点2
ー観光産業を革新し、国際競走力を高め、
我が国の基幹産業に

・古い規制を見直し、生産性を大切にする
観光産業へ

・あたらしい市場を開拓し、長期滞在と
消費拡大を同時に実現

・疲弊した温泉街や地方都市を、未来発想
の経営で再生・活性化

視点3
ーすべての旅行者が、ストレスなく快適に
観光を満喫できる環境に

・ソフトインフラを飛躍的に改善し、世界一
快適な滞在を実現

*世界最高水準の技術活用により、出入国審査
の風景を一変。

・「地方創生回廊」を完備し、全国どこへでも
快適な旅行を実現

・「働きかた」「休みかた」を改革し、躍動感
あふれる社会を実現

◯◯学園などの報道をみていると、既得権益や
業界のしきたり?など、新しい流れをおこすに
は、大きな障壁はまだまだ多くある日本のよう
ですが、

民間の活力を刺激する、国のバックアップがあ
るのなら、投資家としそれを支える発想は、正
しいと個人的には考えます。

つまり、「観光先進国」になる!という大きな
株式投資のテーマに乗り、儲けようというの
は、ありかなと思います。

 

関連記事

ピックアップ記事

  1. [table id=246 /] [table id=247 /] アップルが標的に!? …

免責事項

当サイトは、一般的な情報提供を目的として書かれています。ですから、投資における最終意思決定は、ご自身の判断でお願いいたします。(データ等の数字は、細心の注意を持って記載していますが)当サイトに載せている情報に基づく行動で損失が発生した場合においても、一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る