ソニーも、任天堂も凄かった、株価の動き、この1年。まだひと月残っていますが・・・(笑)

今年も後残すところ、ひと月となりました
。少し早いですが、日米の気になる企業
の株価について、

年初の1月4日から(米国は3日)昨日、
11/29日まで動きを振り返ってみ
たいと思います。

国内では、

スマートフォンの背面にカメラを
2つ使う「デュアルカメラ」化の
流れをつかみ、画像センサー

の需要を取り組んで売上を伸ばし

半導体ばかりではなく、ゲームや金融
など様々な事業でバランス良く、

稼ぐ力を構築した、ソニー(6758)。

2018年3期の連結営業利益を20年ぶり
に過去最高を更新する見込みで
株価は、

3,333円→5,322円
59.7%の上昇率。

また、

3月に発売したゲーム機
「ニンテンドースイッチ」
の販売が計画ペースを

上回り、2018年3月期の

連結営業利益が前期比4倍
になる見込みの、任天堂(7974)。

株価は、

24,480円→46,230円
88.8%

でした。

『株価の上昇には、必ず
業績の裏付けがある』

という格言?がそのまま実行された
かたちですが、

年初にこの2つの企業の業績の変化を
予想できたかと言えば、クエッションが
つきますよね。

そこに、株式投資の難しさがあり
醍醐味があると思います。

因みに、

この間の
日経平均株価は、

19,594.16→22,597.20
15.3%

でした。

米国株編は、次回に・・

日本株に注目!日経平均株価の次の目安は?

 

関連記事

ピックアップ記事

  1. [table id=246 /] [table id=247 /] アップルが標的に!? …

免責事項

当サイトは、一般的な情報提供を目的として書かれています。ですから、投資における最終意思決定は、ご自身の判断でお願いいたします。(データ等の数字は、細心の注意を持って記載していますが)当サイトに載せている情報に基づく行動で損失が発生した場合においても、一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る