データを読む

海外投資家 vs 日銀!?12月の第1週の動き。投資部門別売買状況より。

投稿日:

JPX(日本取引所グループー
東京証券取引所、大坂取引所を含む)
によると、

12月第1週(12/4〜12/8)
の投資部門別売買・取引状況では、

海外投資家は、
現物 ▼2,170億円の売越
先物   ▼   551億円の売越

で合計、▼2,721億円の売越。

海外投資家は、4週続けての
現物、先物合計売越となって
いました。

利益確定の売りが、優先され
ている状況ですが、

ここから上値を積極的に買う
には、海外投資家といえども

材料不足?かもしれません。

それでも、

大幅買越が目立ちはじめた、
9月の4週からは(9/25〜12/8)

現物で、1兆5,023億円

先物が、8,771億円の
それぞれの買越となっています
ので、

日本株に対し、スタンスを変えた
ということにはならないと
思います。

11月の5週(11/27〜12/1)と同様に、

海外投資家が売越にもかかわらず
12月の1週は、日経平均株価で

22,707円(12/4)→
22,811円(12/8)と

(終値)100円ほどの上昇でしたが、

これは、引き続き日銀が
ETF(上場型投資信託)を
(12/4〜12/8の間に)

1,476億円
(日銀のサイトより)

購入した影響が
大きかったと思われます。

(関連記事はこちら↓)

http://fcostcut.com/マーケット/225-2017-dec/

-データを読む
-, , , , ,

Copyright© 米国株入門、アメ株チャレンジ! , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.