海外投資家の売り続く、8月第3週。

お盆の最中に、彼らが…

8月第3週(8/14〜18 東証から)
も引き続き、海外投資家は

日本株を

現物  ▼2,057億円
先物  ▼3,267億円

とそれぞれ売越しています。

この間の日経平均株価の動きは
8/15の
19,753円から
8/18の
19,470円まで

前日比200円前後の幅で、上下を
繰り返す、展開でした。

8月に入り(1週〜3週)これまでに
海外投資家は、

現物▼5,098億円
先物▼6,845億円

の現物、先物とも売越。

また、円/ドルのポジションでは、
(  *米国シカゴマーカンタイル取引所
CMEのIMM通貨先物ポジション。

この数値は、ヘッジファンドによる
投機的なポジションを示すものと
されています。   )

7月10日あたりの、

1ドル=114円前後の水準から、

円売りから、円買いが増えてきて
8月は、円買い優勢で、

1ドル=110円割れを実現しています。

海外投資家の株式市場の動き、
特に、先物市場と為替を重ねて

みると、すべてではありませんが
円売り、日本株買いポジションが

解消されて、
円買い、日本株売りのパターンに
なっていると想定できます。

このやり方は、
海外投資家のなかでも、

ヘッジファンドが得意とするもの
ですので、売買代金の少ない

(一日あたり、2兆円前後)

状況で日本株と、そして円を
激しく売買しているものと思
われます。

関連記事はこちら↓
ヘッジファンド vs 日銀、
最後に勝つのは!?

 

 

関連記事

ピックアップ記事

  1. [table id=246 /] [table id=247 /] アップルが標的に!? …

免責事項

当サイトは、一般的な情報提供を目的として書かれています。ですから、投資における最終意思決定は、ご自身の判断でお願いいたします。(データ等の数字は、細心の注意を持って記載していますが)当サイトに載せている情報に基づく行動で損失が発生した場合においても、一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る