規則的、機械的な市場への参加が、日銀のETF購入を成功へと導いた!?

日銀による、ETF(株価指数連
動型上場投信)の購入の推移
を見てみると

2012年末1.5兆円
2013年末2.5兆円(1.0兆円)
2014年末3.8兆円(1.3兆円)

そして、

2014年10月には日銀が行なった「量的・質
的金融緩和」の一環として、
購入額を年間3兆円とし、

2015年末6.9兆円(3.1兆円)
2016年末11.2兆円(4.2兆円)
*()内は、増加分概算

さらに、

増加のペースは2016年の7月には
年間3.3兆円から6兆円ペースに
増額。このペースでいくと、

本年、2017年末には、ETFの
残高は、17兆円を超えるまで積み上がる
予定です。

2017年、10月までのETF購入額は、
以下のとおり。

1月 5,855億円
2月 5,155億円
3月 5,332億円
4月 5,315億円
5月 3,875億円
6月 3,904億円
7月4,482億円
8月6,837億円
9月4,674億円

10月1,670億円

計47,901億円
(※日銀のサイトより、計算)

*10月が、極端に少ないのは、
株価の大幅上昇のためと
考えられます。

日銀のETF購入の仕方で、
特徴的なのは、

毎日、12億円ずつ
設備投資、人材投資に積極的に取り組んで
いる企業を支援するためのETFを、また

それ以外のETF(TOPIXに連動するもの等)
を700億円以上のロットで、月に5日から7日

(多い月で、9日)のパターンで購入するとい
うものです。因みに

日経平均株価で、一番安い値段の購入日は
4月14日の

18,335円

逆に、一番高かった日は、

もちろん、16日連騰もあった10月の
30日、31日の

22,011円でした。

報道によると、ETFの含み益は、
4兆円とも5兆円ともいわれ、

黒田日銀総裁も、ほっとしている?
のではないかと思います。

年間6兆円の購入ペースでいくと
今年は、11月、12月で、あと
1兆2000億円ほど、日銀はETF

を買うことになりますので、
株価の下支えとして、

強力な助っ人となる可能性大
ですね。

関連記事はこちら↓

日銀が買った、ETFは儲かっているのか?

関連記事

ピックアップ記事

  1. [table id=246 /] [table id=247 /] アップルが標的に!? …

免責事項

当サイトは、一般的な情報提供を目的として書かれています。ですから、投資における最終意思決定は、ご自身の判断でお願いいたします。(データ等の数字は、細心の注意を持って記載していますが)当サイトに載せている情報に基づく行動で損失が発生した場合においても、一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る