違いがあるから、面白い!インデックスファンドとETF。

違いのわかる、男でいてほしい。

一般的なインデックスファンドの考え方は
基本的にはETF(上場型投信)と同じです。

指数を投資対象として、その指数が上昇す
れば、インデックスファンドも連動して
値上がりをすることが、目的とされます。

ETFの場合、投資対象となるものは、国内
に限らず、米国などの海外市場の株価指数

や先進国や新興国の株価全体を指数化した
もの、さらには、原油や金など商品市況の

指数の動きをとらえたものまでがあり、
世界的にみた場合は、その数も多く、

資産運用の幅を広げてくれます。

一方、日本では、インデックスファンドと
言えば、日経平均株価や東証株価指数、
JPX日経インデックス400などの

”株価”指数のことを言うことが多く、
最初から、国内外の株式や債券、REIT
などの資産に分散された、バランス型

のファンド(投資信託)との差別化が
はかられています。

ETFとの違いでみると、
例えば、同じ、東証株価指数に連動する
ETFとインデックスファンドでは、

ETFが株式と同様に、市場で売買され、
取引時間内であれば、いつでも

買えるため、実際に動いている値段で
取引されます。買いたい人と売りたい
人の需給関係で価格が決まります。

ですから、同じ日でも、人によって
ETFの取得価格が異なります。

インデックスファンドは、その日に取引
を終えたあとに、つけた東証株価指数を
(このケースでは)もとに、

連動するカタチで、

基準価額が決定しますので、購入価格は
ひとつになります。

インデックスファンドには、ノーロード
といって、購入時の手数料がかからない
ものが増えてきていますので、

毎月に決まった金額で、積立をしていく
資産運用にむいているかと思います。

逆に、ETFに投資する場合は、ある程度
まとまった資金で、時間をずらしたり
タイミングをはかったりで

臨機応変に対応するのが、賢い選択とい
えるかもしれません。

おすすめのインデックスファンドは・・・

 

 

 

関連記事

ピックアップ記事

  1. [table id=246 /] [table id=247 /] アップルが標的に!? …

免責事項

当サイトは、一般的な情報提供を目的として書かれています。ですから、投資における最終意思決定は、ご自身の判断でお願いいたします。(データ等の数字は、細心の注意を持って記載していますが)当サイトに載せている情報に基づく行動で損失が発生した場合においても、一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る