世界経済は、人口増加に支えられ、ゆるやかな成長を続ける。

全体を俯瞰する

日本や欧州、そして中国でも、人口減少という問題に直面していま
す。一方、米国と新興国、発展途上国の中には、人口増加という、
最大の強みを持って、経済成長の大きな波に、乗ろうとしている
国も多くあります。

世界全体でみた場合、現在約70億人の人口が、100億人へ向かって
増えていくことは、確実です。世界経済もそれにともないゆるやか
に成長を続けていくとみるべきだと思います。

であるならば、産業も企業も、世界を相手にすることが、条件にな
ります。経済の成長をになうのは、国や政府ではありません。(サ
ポートは必要ですが・・)民間の企業こそが、その担い手になるの
です。私たちの生活は、すべて、日本の企業(世界を相手にしてい
る)、グローバル企業(欧米などの)に支えられています。

投資家、資産運用を行う側としても、この事実を忘れてはなりませ
ん。世界経済の成長を果実(運用成果、儲け)として、受け取るた
めにも、投資、資産運用は必要なものと考えます。

日々目にふれる、商品や自分の生活にかかわるサービスから、企業
を見つけ出したり、それらの企業が投資対象となっているファンド
(投資信託)に興味をもったりすることから、まずははじめてみま
しょう。宝の山は意外と、すぐ近くにあるかもしれません。!?

 

関連記事

ピックアップ記事

  1. [table id=246 /] [table id=247 /] アップルが標的に!? …

免責事項

当サイトは、一般的な情報提供を目的として書かれています。ですから、投資における最終意思決定は、ご自身の判断でお願いいたします。(データ等の数字は、細心の注意を持って記載していますが)当サイトに載せている情報に基づく行動で損失が発生した場合においても、一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る