インバウンドでガッチリ!!日本経済を救うのは、アジアの人々

この時期でも、北海道を訪れる外国人は多い

仕事で札幌に来ています。4月だと言うのに
この雪、というより吹雪。真冬のような
冷え込みでした。

動画では撮影できませんでしたが、この
雪を見て、大はしゃぎする集団がありま
した。台湾の方、それともインドネシア
からの観光でしょうか?

雪が観光資源になる北海道。ナイスです。

JNTO(日本政府観光局)によると、
昨年2016年に、日本を訪れた外国人
は、過去最高の、約2,400万人。

そのうちアジアからの観光客は、何と
およそ2,040万人だそうです。
2017年に入っても、1月、2月と昨年を
上回るペース。

日本政府が目指すところは、
東京オリンピック、パラリンピックの
2020年に、4,000万人

その後も、
2030年には、6,000万人

と景気のいい?目標を掲げています。

因みに、外国人の訪問者数のランキングは
1位 フランス(8,300万人)
2位 米国(7,400万人)
3位 スペイン(6,500万人)
※いずれも概算。2014年世界観光局など
の資料より。

緊張する、近隣国もありますが、
仲良くなりたい、アジアの国々も
たくさんあります。

日本の人口減少をはねのける、アジアパワー
です。したがって、インバウンド関連の

”日本企業の株は、買い!”
※あくまでも、個人的な見解です。
ご注意ください。

関連記事

ピックアップ記事

  1. [table id=246 /] [table id=247 /] アップルが標的に!? …

免責事項

当サイトは、一般的な情報提供を目的として書かれています。ですから、投資における最終意思決定は、ご自身の判断でお願いいたします。(データ等の数字は、細心の注意を持って記載していますが)当サイトに載せている情報に基づく行動で損失が発生した場合においても、一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る