6,000万人の目標達成は可能か!?日本を訪れる外国人観光客は、ハイペースで増えています。

日本政府は2020年、の訪日外国人観光
客の目標を、当初は

2,000万人と掲げたいましたが、2016年
には、2,400万人とかなりのハイペースで

目標を達成してしまったため、現在は、

4,000万人に変更されています。さらに

2,030年の目標を、

6,000万人としました。

2017年は、1月〜11月までに、

2,600万人を超えて、目標に掲げる数字が、
あながち、達成不可能?ではないと思える

くらい順調に、日本を訪れる外国人観光客
は増えてきています。

『観光は、我が国の成長戦略の大きな柱の
ひとつであり、そして地方創生への切り札で
ある。GDP600兆円に向けた成長エンジン
でもある。』

と安倍総理が、自らが議長を務める

「明日の日本を支える観光ビジョン構想会議」
で述べるほど、日本経済が、今後成長して
うえで、

『観光』は重要な「日本の強み」として位置づ
けられています。

訪日外国人観光客によってもたらされる、
”インバウンド消費”を需要に上手に

対応できる企業には、大きなビジネス
チャンスが、

まさに”訪れる”わけですので、

投資家としては、注目しないわけには
いきません。

そんな企業群のなかから、

面白そうな企業を紹介していきたいと
思います。

まずは、インバウンド消費に関わる、
分野、業界をみていきましょう。
・・・続く

すでに、2,600万人を突破した、今年の訪日外国人。日本の魅力は奥が深い!?

関連記事

ピックアップ記事

  1. [table id=244 /] パウエル議長発言効果と米中貿易問題解決へに期…

免責事項

当サイトは、一般的な情報提供を目的として書かれています。ですから、投資における最終意思決定は、ご自身の判断でお願いいたします。(データ等の数字は、細心の注意を持って記載していますが)当サイトに載せている情報に基づく行動で損失が発生した場合においても、一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る