すでに、2,600万人を突破した、今年の訪日外国人。日本の魅力は奥が深い!?

毎月の訪日外客数(日本を訪れる外国人)
の数は、直近のデータでも、前年同月比
20%以上の伸びを示しています。

日本政府観光局(JNTO)が20日に発表
した、

11月の訪日外客数は、前年同月比
26.8%増の

237万8千人。

昨年、2016年を50万人以上上回る、
11月としては過去最高記録しています。

また、1月からの累計でも

2,616万9千人(1月〜11月)

となり、すでに、

2016年の年間の合計である

2,404万人を上回り過去最高と
なっています。

航行路線の新規就航や増便、
クルーズ船寄港数の増加に

加え、紅葉シーズンの到来も
訪日外客数増加に貢献した
ようです。

各市場で実施した、訪日旅行
プロモーションは、訪日意欲を
喚起する効果があり、

訪日外客数全体として堅調に推移
したと、JNTOは伝えています。

年間4兆円程度のお金を日本に落として
くれる、インバウンド消費(彼らが
日本で使ってくれるお金)ですが、

具体的に、どんなことにお金を
使っているかというと、

・交通費
・宿泊費
・飲食費
・「娯楽サービス費」
・買い物代

などがあげられると思います。

当然、この関連でビジネス展開
している企業にとっては、

大きなチャンスと言えるでしょう。

すでに、シワ取りクリーム?
(シワ改善効果のある美容液)の

ポーラ・オルビスホールディングス
(証券コード 4927)

を取り上げましたが、

分野別にもう少し、

インバウンドで

輝く企業を紹介していこうと思います。

関連記事はこちら↓

観光大国を目指す!日本。インバウンドに期待!

関連記事

ピックアップ記事

  1. [table id=246 /] [table id=247 /] アップルが標的に!? …

免責事項

当サイトは、一般的な情報提供を目的として書かれています。ですから、投資における最終意思決定は、ご自身の判断でお願いいたします。(データ等の数字は、細心の注意を持って記載していますが)当サイトに載せている情報に基づく行動で損失が発生した場合においても、一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る