訪日外国人(インバウンド)、4月単月で、初の250万人超え。クールジャパンがとまらない!?

最近は、アジアに交じり、欧米か!?

東京オリンピックにむけて、訪日外国人
旅行者数と彼らが日本で消費するお金が
増えることは、今後、少子高齢化で伸び

悩むと予想される日本経済に大きなプラ
ス効果をもたらすと、期待されています。

日本政府は2016年3月30日に、
訪日外国人旅行者数を
2020年に4,000万人、
2030年には6,000万人

に増やすと発表しています。また
訪日外国人の旅行消費額についても

2020年に、8兆円、
2030年には15兆円
を目指すとしています。

自国を訪れる観光で、先を走る観光大国
を調べてみると、(2015年)

1.フランス 8,400万人
2.アメリカ 7,700万人
3.スペイン   6,800万人
4.中国     5,600万人
5.イタリア 5,000万人

(いずれも数字は、JNTO 日本政府
観光局のサイトより、概算)

昨年2016年の訪日外国人が、
2,400万人(うちアジア〜2,000万人)。

今年に入り2017年の4月には単月で、
初めて、250万人の大台に

のせ、1月〜4月の累計では910万人
を超える勢いですので、目標と
している数字の達成は、時間の問題?

と言えるまでのレベルです。

札幌、函館でも、いろいろな国の言葉が
飛び交っています。まるで、異国にいるよ
うな、錯覚を覚えます。

関連記事はこちら↓
「観光立国になる!」という強い意志。

 

 

 

関連記事

ピックアップ記事

  1. [table id=246 /] [table id=247 /] アップルが標的に!? …

免責事項

当サイトは、一般的な情報提供を目的として書かれています。ですから、投資における最終意思決定は、ご自身の判断でお願いいたします。(データ等の数字は、細心の注意を持って記載していますが)当サイトに載せている情報に基づく行動で損失が発生した場合においても、一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る