新年をむかえても、最高値を更新中の米国株式市場。

9日の米国株式市場は
米国企業への業績期待感などを反映し
反発。

ニューヨークダウは、
一日、間をおいて過去最高値を更新。

25,385.80ドル
(高値 25,439.78)

ハイテク株中心の
ナスダック指数は、

6日連続で上昇し、もうひとつ主要指数の
S&P500とともに、こちらも
最高値を更新。

ナスダック
7,163.58
(高値 7,181.84)

S&P500
2,751.29
(高値 2,759.14)

でした。

トランプ大統領の暴露本が出版されるなど
あいかわらずの政治面での不安要素とは

無関係の株式市場ですが、それほど、

企業業績の見通しが明るいということの
あらわれでしょうか?

ニューヨークダウ構成銘柄のうち、

ボーイングが前日比2.7%上昇し、

この日の指数をリード。

半導体の安全性が指摘されている、
マイクロソフト(MSFT)が、
神経質な動きでした。

アップルについてはこちら↓

アップル(AAPL)の奇跡と軌跡。

関連記事

ピックアップ記事

  1. [table id=246 /] [table id=247 /] アップルが標的に!? …

免責事項

当サイトは、一般的な情報提供を目的として書かれています。ですから、投資における最終意思決定は、ご自身の判断でお願いいたします。(データ等の数字は、細心の注意を持って記載していますが)当サイトに載せている情報に基づく行動で損失が発生した場合においても、一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る