再スタート、準備中。 ボタン

アルファベットとは、Googleのこと。検索が世界を変えた!

目次

グーグルなしには・・・

多くの人にとって、何か調べるために図書館に行ったり、辞書をひいたりするかわりに、PCの検索窓に直接文字を打ち込み、あるいはスマホに『OK、グーグル』と問いかけるのが、日常的な行動となってきています。さらに、好きなユーチューバー動画をみたり、スキルアップのために関連チャンネルを登録して、ユーチューブを通じ日々学習する人もかなり増えてきています。

望むものに、時間をかけずに、タイムリーにアクセスできるようになったのは、グーグルのおかげと言っても言い過ぎではないでしょう。世界中が、コロナ禍にある時にも、素早く的確な情報を得ることができたことは、グーグルの信頼性を高めることになりました。

2021/1-3月(Q1-第1四半期決算)より

  • 売上高    553億ドル
  • 営業利益 164億ドル 
  • EPS    26.63ドル       

GoogleおよびAlphabetのCFO(最高財務責任者)であるRuth Poratは

“第1四半期の総売上高が553億ドルに達したのは、オンラインでの消費者の活動が活発化したことと、広告主からの収入が幅広く増加したことを反映しています。Google Cloudの勢いが続いていることに非常に満足しており、GCP(グーグル・クラウド・プラットフォーム)とWorkspaceの両方における力強さと機会を反映して、第1四半期の収益は40億ドルとなりました”と述べています。

長期的なポイント

グーグルおよびアルファベットのCEO(最高経営責任者)であるサンダー・ピチャイは、次のように述べています。

“この1年間、人々は情報を得たり、つながったり、楽しんだりするために、Google検索や多くのオンラインサービスを利用してきました。私たちは、世界中の人々を助けるために、信頼できるサービスを提供することに引き続き注力してきました当社のクラウドサービスは、規模の大小を問わず、企業のデジタルトランスフォーメーションの加速に貢献しています。”

また、クラウド市場の大きな流れについて

①データクラウド需要(データの蓄積・活用)②安全なインフラの構築、業務効率化とITコスト削減への期待③オフィスワーク等従来の働き方に加え、リモートワークのハイブリッドな就労環境、のトレンドをあげました。

ー2021年4月27日のアルファベットの業績発表を参考にしました。

グーグルはこんな会社

  • 1998年ラリー・ペイジとセルゲイ・ブリンが設立
  • 2004年 NASDAQ(ナスダック)市場にIPO(株式公開)
  • 2005年 アンドロイド(Android)を買収 
  • 2006年 ユーチューブ(YouTube)を16.5億ドルで買収
  • 2008年 グーグルクローム(Google Chrome)スタート
  • 2009年 アンドロイドスマホを初めて出
  • 2015年 Alphabet社設立、持株会社制に移行
  • 2020年1月 アルファベットの株式時価総額1兆ドル初めて超える

豆知識

  • ティッカーシンボルは、GOOGL
  • 売上は、1825億2700万ドル(2020/1-12月1年間の)→およそ日本円で、19兆7100億円
  • 株式時価総額 1兆5400億ドル (株価 2353.5ドル 4/30) →日本円で、約166兆円
  • 553億ドルのうち、広告収入の売上が447億ドル(うちYou Tubeから60億ドル)、グーグルクラウドが40億ドル
よかったらシェアしてね!
  • URL Copied!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる