GDP(国内総生産)が増えることが経済成長であり、企業の成長。

経済成長とは、所得総額が増えること

『・・「経済成長とは何か」国内総生産(GDP)
が増えること。GDPは、一つの国の中で利用で
きる「財」や「サービス」の総計で、

「財」とは、例えば、鉛筆とかコンピュータとか
自動車といったカタチのある「モノ」。

「サービス」は、学校の授業とか輸送とか医療
や福祉などといったものでカタチはないが、
「生産」に含まれる。

この生産を支えるのが、我々が稼ぎ出す所得。
つまり、GDPは、我々日本人(日本の場合)が
1年間に日本で稼ぐ給料やボーナスや利子や
配当所得の総計ということになる。・・・・

国内総生産(GDP)増えるのは、日本人の
所得総額が増えることで、これが経済成長。               』
『もうだまされないための経済学講義』〜
若田部昌澄氏著光文新書 より抜粋引用。

経済成長を支えているのは、民間企業であり
、企業が利益をあげれば、企業業績を背景に
株価が上昇することが期待されます。

経済成長に乗る

資産運用で、株式投資(株式を使ったファン
ド、投資信託もふくむ)が有効とされるのは、
まさしくその流れににのることを意味する
からだと思います。(経済成長=企業の成長)

世界全体の経済成長のなかで、一国の企業が
その経済成長にどれだけフィットさせ、利益を
上げるかに期待をして投資するわけですから

経済成長が長期にわたり実現されるのであれば、
それにともない株価が上昇し、資産が増えるこ
とになります。

関連でよく読まれている記事はこちら↓
デフレについて

関連記事

ピックアップ記事

  1. [table id=246 /] [table id=247 /] アップルが標的に!? …

免責事項

当サイトは、一般的な情報提供を目的として書かれています。ですから、投資における最終意思決定は、ご自身の判断でお願いいたします。(データ等の数字は、細心の注意を持って記載していますが)当サイトに載せている情報に基づく行動で損失が発生した場合においても、一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る