米国の金融政策を知るには、まずは、FRBを理解しましょう。

米国で、日本の日銀に相当するのが、
連邦準備制度
-Federal Reserve System

略して、Fed(フェッド)。

連邦準備銀行ではなく、
連邦準備制度と呼ぶのは、

複数の組織体から成り立っているため
です。現在の組織が創設されたのは

1913年。中央銀行として、歴史が
比較的新しいのは、米国の建国
以来の

分権主義であり、中央集権的な組織に
対して抵抗感があったためと考えられ
ています。

現在も、Fedには地方分権主義の名残
がみられます。

連邦準備制度理事会
ーBoard of Governors of Federal
Reserve System

は、金融政策の基本方針決定に中心的
役割をはたす組織で、ワシントンに
あります。

これを、Fedと呼ぶこともありますが、
日本では、一般に

FRB(Federal Reserve Board)で
とおるようです。

理事会のメンバーは、
理事と議長と副議長を含めて7名。

理事は大統領が任命し、上院の承認を得て
正式に就任。任期は14年。

議長・副議長の選任も、理事と同様の手続
きをとりますが、任期は4年となっています。

関連記事はこちら↓

FRB(米国連邦準備制度理事会)のお仕事

関連記事

ピックアップ記事

  1. [table id=246 /] [table id=247 /] アップルが標的に!? …

免責事項

当サイトは、一般的な情報提供を目的として書かれています。ですから、投資における最終意思決定は、ご自身の判断でお願いいたします。(データ等の数字は、細心の注意を持って記載していますが)当サイトに載せている情報に基づく行動で損失が発生した場合においても、一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る