2017年3回目の利上げをFRBは、予想どおり実施。2018年はどうなる!?

FRB(米連邦準備理事会、米国の中央
銀行にあたります。)は12月12-13日

のFOMC(米連邦公開市場委員会)に
おいて6月以来の、利上げを決定。

FF金利の誘導目標

1.25%〜1.5%

に引き上げました。

*FF(フェデラル・ファンド)金利
・・米国の民間銀行は預金残高に
応じてFRB(米国の中央銀行にあたり
ます。)に準備金を預託しますが
その資金を民間銀行が、短期市場で
調達する際の金利を言います。

米国の政策金利として、位置づけられ
ています。・・*

6月の会合以来の利上げと
なり、

大方の予想どおりで、今年の
利上げは、3回となりました。

利上げは、市場にほぼ織り込ま
れていましたので、

市場関係者の注目は、来年以降の

・FOMCのメンバーのインフレに
対する変化

・政策金利見通し

に集まっているようでした。

イエレン議長の後を継ぐ、
(2018年2月に退任)
パウエル新議長は、

基本的には、イエレン路線、
すなわち、ハト派の

緩やかな金利引き上げを目指す
とされる人物ですが、

エコノミスト、経済学者ではない
新議長の手腕を不安視するむき
もあります。

政策金利の見通しについては
変化は見られず、

FRBとしては、
0.25%刻みの利上げを前提に、

2018年は、3回
2019年は、2回〜3回
2020年は、1回〜2回

の利上げを見込んでいるようです。

いずれにしても、

新体制でのぞむ、

3月(20日、21日)のFOMCを
睨んでの動きになりそうです。

これまの議長や新議長については
こちらを↓

米国FRB議長の職、その重みは、米大統領以上です。新議長は、ウォール街出身。

関連記事

ピックアップ記事

  1. [table id=244 /] パウエル議長発言効果と米中貿易問題解決へに期…

免責事項

当サイトは、一般的な情報提供を目的として書かれています。ですから、投資における最終意思決定は、ご自身の判断でお願いいたします。(データ等の数字は、細心の注意を持って記載していますが)当サイトに載せている情報に基づく行動で損失が発生した場合においても、一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る