ヘッジファンド vs 日銀、最後に勝つのは!?

最後に勝つのは?

8月に入り、海外投資家の売りが目立って
きています。東証が毎週発表する

投資部門別売買状況売買によると
8月1週(7/31〜8/4)
現物 ▼   295億円
先物    ▼1,097億円

8月2週(8/7〜8/10)
現物 ▼ 2,746億円
先物 ▼ 2,481億円

▼は売越を意味します。
先物は、日経平均株価や
東証株価指数などの指数先物

です。

単純に、利益確定の売りなのか
それとも、東京株式市場に対し、

弱気のスタンスに変化したのか
わかりませんが、常に、売買代金

のシェアで6割以上を占める彼の
行動には、神経質にならざるを
えません。

また海外投資家、特にヘッジファンド
が得意とする、ペアトレード

円売り、日本株買いの手仕舞い(反対
売買)

円買い、日本株売りが進んでいるのでは

という憶測もあり、なかなか積極的な
姿勢にはなれない状況が続いているよう
です。

これらの動きに対し、
日銀は、ETF(上場型投信)を通じ、

同期間(7/31〜8/10)
3,773億円と、継続して、日本株を
購入しています。

うがった見方をすれば、
日銀が、買ってくれるから

海外投資家、
ヘッジファンドも安心して?

日本株の売りをだしているとも考えられ
ここでもいろいろな思惑を呼んでいます。

それでも、日経平均株価が、

7/31
19,925円
8/10
19,729円

と、200円以内の下落で済んでいるのは、
日銀による、”買い支え”?が

効いている証かもしれません。

関連記事はこちら↓
海外投資家の売りに対抗するのは?
②日銀のETFを通じて・・

 

 

関連記事

ピックアップ記事

  1. [table id=246 /] [table id=247 /] アップルが標的に!? …

免責事項

当サイトは、一般的な情報提供を目的として書かれています。ですから、投資における最終意思決定は、ご自身の判断でお願いいたします。(データ等の数字は、細心の注意を持って記載していますが)当サイトに載せている情報に基づく行動で損失が発生した場合においても、一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る