FOMC(連邦公開市場委員会)が、米国の金融政策を決める最高意思決定機関です。

米国で中央銀行の役割をはたす、FRB
(Federal Reserve Board)。
※詳細は、関連記事参照。↓

Fed(連邦準備制度、日本では、一般
にFRB。)、FRBの金融政策の目的は、

①最大の雇用 ②物価の安定であり、

「二つの使命」
Dual Mandateと呼ばれます。

金融政策を決める、最高意志決定機関
は、

FOMC(連邦公開市場委員会
Federal Open Market Committee)

通常は、6週間ごとに年8回開かれます。

失業率やインフレ率、賃金上昇率などの
景気指標をもとに経済情勢を議論し、

短期金利の指標である、フェデラル
ファンド(FF)金利等の誘導目標を
決めていきます。

最近では、FFレートの

「引き上げのペース」

が重要事項になっており、マーケット
関係者も注目しています。

関連記事はこちら↓

米国の金融政策を知るには、まずは、FRBを理解しましょう。

関連記事

ピックアップ記事

  1. [table id=246 /] [table id=247 /] アップルが標的に!? …

免責事項

当サイトは、一般的な情報提供を目的として書かれています。ですから、投資における最終意思決定は、ご自身の判断でお願いいたします。(データ等の数字は、細心の注意を持って記載していますが)当サイトに載せている情報に基づく行動で損失が発生した場合においても、一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る