FOMC12月利上げと2018年の振り返り。

12月のFOMC

政策金利を0.25%引き上げ

・FRB(米連邦準備制度理事会)は、18日、19日に開催したFOMC(連邦公開市場委員会)で予想どおり政策金利であるフェデラルファンド(FF)レートを誘導目標レンジを0.25%引き上げ、2.25%〜2.50%としました。

■ 「個人消費の力強い拡大を支えに、景気と雇用も拡大を持続」「失業率は低い水準を維持している」と国内経済を評価。「上昇率は+2%近くにとどまり、長期のインフレ期待(将来のインフレに対する予想)にほとんど変化ない」と物価については、前回のFOMCから修正はありませんでした。

■ 「引き続き世界経済および物価動向を注視していく」との文言が経済見通しに対するリスクについて、付け加えられましが「上振れと下振れで概ね均衡」との判断に変更はありませんでした。

2020年で利上げ終了の見通し

■ 今後の金融政策の見通しについては、「幾分かの、さらなる漸進的利上げが妥当」とし、利上げ継続の方針には変化ないことが示されました。

■ 四半期経済予測では、成長率、物価、FFレートの見通しが下方修正。FFレートについては、2019年末が前回の3.1%から2.9%へ、利上げの回数では、1回当たり0.25%として、3回から2回に下方修正されました。2020年末は、3.13%、1回の利上げがおこなわれ、これで政策金利の引きあげは打ち止めとなる見通しです。

FOMC後(12/19以降)のマーケットの反応

米国株式市場は、19日のFOMC後から、24日までにNYダウで、1,883ドルの下落(23,675ドル・12/18→21,792ドル・12/24)。今回のFOMC前には、世界経済の成長鈍化懸念から米国株が調整局面入りした流れをうけ、市場にはFRBが金融政策に手綱を緩める、いわゆるハト派的になるのではという、期待がありましたが実際には、利上げ継続が方針がしめされたことなどから、失望売りを誘ったようでした。

2018年のFOMCについてはこちら↓

FOMC(2018年)

関連記事

ピックアップ記事

  1. [table id=246 /] [table id=247 /] アップルが標的に!? …

免責事項

当サイトは、一般的な情報提供を目的として書かれています。ですから、投資における最終意思決定は、ご自身の判断でお願いいたします。(データ等の数字は、細心の注意を持って記載していますが)当サイトに載せている情報に基づく行動で損失が発生した場合においても、一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る