米国株式市場が、緩やかな利上げのペースを評価した、2017年。来年は!?

11月の米国雇用統計は、
景気動向をタイムリーに
反映するとされる、

非農業部門の雇用者数が、
前月から、22.8万人増

予想の19.5万人を上回り、

失業率も4.1%

米国経済が堅調に推移している
ことは示すかたちとなりました。

さて、今年、2017年の

FOMC(連邦公開市場委員会)に
での*FF(フェデラル・ファンド)
金利引き上げのペースは、

目標誘導レンジを

3月  0.75%〜1.00%
6月 1.00%〜1.25%

それぞれ引き上げるという
ものでした。

年内にあと、今月の
FOMC(来週12日、13日)
で、引き上げが確実視されており

今年は、3回ということに
なります。

利上げ前後からの
ニューヨークダウは、

3月の利上げあたりが

21,000ドルを挟んでの動き。

6月以後は、

概ね、
21,500ドル〜22,000ドル。

そして、9月に入り、

22,000ドル台に落ち着くと

12月の

24,500ドル台(12/4)まで駆け上が
ってきたわけですから、

緩やかな利上げのペースを

市場が評価しているといっても
言い過ぎではないと思います。

また、現時点での

来年2018年についての各金融機関の
利上げペースの予想では、

年3回が一番多く、
年4回は少数派のようです。

*FF(フェデラル・ファンド)金利
・・米国の民間銀行は預金残高に
応じてFRB(米国の中央銀行にあたり
ます。)に準備金を預託しますが
その資金を民間銀行が、短期市場で
調達する際の金利を言います。

米国の政策金利として、位置づけられ
ています。

 

関連記事

ピックアップ記事

  1. [table id=246 /] [table id=247 /] アップルが標的に!? …

免責事項

当サイトは、一般的な情報提供を目的として書かれています。ですから、投資における最終意思決定は、ご自身の判断でお願いいたします。(データ等の数字は、細心の注意を持って記載していますが)当サイトに載せている情報に基づく行動で損失が発生した場合においても、一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る