アメリカ マーケットを実感する

米国株式市場が、緩やかな利上げのペースを評価した、2017年。来年は!?

更新日:

11月の米国雇用統計は、
景気動向をタイムリーに
反映するとされる、

非農業部門の雇用者数が、
前月から、22.8万人増

予想の19.5万人を上回り、

失業率も4.1%

米国経済が堅調に推移している
ことは示すかたちとなりました。

さて、今年、2017年の

FOMC(連邦公開市場委員会)に
での*FF(フェデラル・ファンド)
金利引き上げのペースは、

目標誘導レンジを

3月  0.75%〜1.00%
6月 1.00%〜1.25%

それぞれ引き上げるという
ものでした。

年内にあと、今月の
FOMC(来週12日、13日)
で、引き上げが確実視されており

今年は、3回ということに
なります。

利上げ前後からの
ニューヨークダウは、

3月の利上げあたりが

21,000ドルを挟んでの動き。

6月以後は、

概ね、
21,500ドル〜22,000ドル。

そして、9月に入り、

22,000ドル台に落ち着くと

12月の

24,500ドル台(12/4)まで駆け上が
ってきたわけですから、

緩やかな利上げのペースを

市場が評価しているといっても
言い過ぎではないと思います。

また、現時点での

来年2018年についての各金融機関の
利上げペースの予想では、

年3回が一番多く、
年4回は少数派のようです。

*FF(フェデラル・ファンド)金利
・・米国の民間銀行は預金残高に
応じてFRB(米国の中央銀行にあたり
ます。)に準備金を預託しますが
その資金を民間銀行が、短期市場で
調達する際の金利を言います。

米国の政策金利として、位置づけられ
ています。

 

-アメリカ, マーケットを実感する
-, , , , , ,

Copyright© 米国株入門、アメ株チャレンジ! , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.