アップルやアマゾンのような、米国企業を見つけ出す前に、まず・・

まずは、森をみる。

気になる米国企業を調べて行く前に
米国市場全体の動きも把握できる、

米国の株式指数に連動するETF
(上場型投資信託)について

チェックしてみたいと思います。
ETFは株式と同様に、上場して

いますので、取引時間中であれば、
いつでも売買できます。

ティッカーシンボル(日本の銘柄
コード)がそれぞれについていま
す。

世界のETF総資産の7割以上を上場さ
せETF先進国として存在感を高める

米国ですがその歴史は新しく、
1993年に上場した、*SPDR(スパ
イダー)の

S&P500 ETFが最初です。

米国の主要企業500銘柄で構成され
るS&P500指数に連動する投資成果

を目指すのが、

「SPDR(スパイダー)S&P500
ETF(**ティッカーシンボル SPY)」
になります。

構成銘柄の上位には、
・アップル(AAPL)
・マイクロソフト(MSFT)
・アマゾン(AMZN)
・フェイスブック(FB)

など、巨大ハイテク、ITの
グローバル企業が含まれて
います。

先週末のSPYの価格は、

244.56ドルですので、

1ドル=110円で計算して、
110✕244.56=約27,000円

と証券会社に払う手数料
で、米国市場全体?(笑)を
手に入れることができます。

SPDRについては、こちらに
まとめてありますので、
参考にしてください。
↓  ↓  ↓  ↓

SPDR(スパイダー) S&P500 ETFは、最も歴史のあるETFです。

関連記事

ピックアップ記事

  1. [table id=246 /] [table id=247 /] アップルが標的に!? …

免責事項

当サイトは、一般的な情報提供を目的として書かれています。ですから、投資における最終意思決定は、ご自身の判断でお願いいたします。(データ等の数字は、細心の注意を持って記載していますが)当サイトに載せている情報に基づく行動で損失が発生した場合においても、一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る