ETFとインデックスファンドは、シンプルが売り。その違いは・・?

シンプル イズ ベスト

このブログでは、取り上げるETFや
インデックスファンドは、主に

日経平均やTOPIX、米国ニューヨーク
ダウや、S&P500種の株価指数に
連動するものです。しかし、

ETF(上場型投信)には、株価指数
以外にも世界債券や米国債券、また

原油価格や金価格の商品市況の動き
に対応したものが数多く、ETF先進
国の米国市場
には、上場しています。

その利便性から、今後も拡大いくも
のと思われます。

国内に目を転じると、東証に上場する
ETFは、200本以上。規模としては、
まだまだ米国には、劣りますが

資産運用の広がりとともに、
ETFの選択の幅も、変化していくこと
が想定されます。

証券会社で取引したことがない、近く
の金融機関がいいと考えるのならば、

まずは、株価指数に連動する、
インデックスファンドを。そして、ある
程度経験を積んだあとは、

ネット証券で口座開設をして、
ETF(株価指数に連動する)への投資を
検討するのが良いと思います。

まとめとして、インデックスファンドと
ETFのちがいをあげておきますので
参考にしてください。

インデックスファンド ETF
証券会社、銀行などどこで、買う、投資する?証券会社のみ
基準価額で、1日1回購入価格の決まり方取引時間中の時価
無料(ノーロード)も多いが金融機関で異なる購入時手数料証券会社により違い
0.03〜1.65信託報酬(%)0.03〜0.95
10,000円前後が多い。
500円〜1,000円から
最低投資金額1万円〜2万円前後

 

 

 

関連記事

ピックアップ記事

  1. [table id=246 /] [table id=247 /] アップルが標的に!? …

免責事項

当サイトは、一般的な情報提供を目的として書かれています。ですから、投資における最終意思決定は、ご自身の判断でお願いいたします。(データ等の数字は、細心の注意を持って記載していますが)当サイトに載せている情報に基づく行動で損失が発生した場合においても、一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る