ETFとインデックスファンド。全開の季節は間近か!?

シンプルだからこそ、強力!

8月になりました。米国の史上最高値の
水準にある株価に比べ、イマイチ盛り
上がりにかける、東京株式市場。

このままでは、米国株式が調整をする
タイミングと、円高で嫌な雰囲気に

つつまれる可能性も視野にいれておか
なければいけないかもしれません。

資産運用のキモである、中長期的な目線
では、あまり目先のことを言っても仕方
ないのですが、

わからないまでも、はじめるタイミング
をはかっている方には、東京マーケット
(日経平均株価や東証株価)の水準は、

悩ましいところにあるようです。今度
大きく下げたときに、マーケットに参加
してみよう、日本企業の将来に投資して

見ようと、仮にあなたが、考えるのなら
株価指数に連動する、インデックスファ
ンドやETFを選択するのが良いでしょう

いきなり、そんな大胆なことはできない。
コツコツがいいという方は、株価指数に
連動するインデックスファンドを

毎月1,000円〜5,000円ぐらいの範囲で

購入して行く方法がおすすめです。積立
経験を重ね、慣れたきたら、ETFを少し

まとまった資金ではじめてみる。あくまで
もあなたのペースで。人任せにしないのが
重要です。

ニーサ口座(NISA)を利用すれば、さらに
運用力は高まります。

シンプルですが、強力です。

ETFやインデックスファンドに興味がある
方はこちら↓を参考にしてください。

ETFの魅力を知るのが怖い

ETFの魅力はシンプルでわかりやすいこと

ETFのデメリットをあえて、あげると・・

日本企業を全部買う!?2つの方法とは?

たった2万円以下で、日本の上場を企業
大体買えるなんて(おすすめETF)

違いがあるから面白い、インデックス
ファンドとETF

おすすめのインデックスファンドは、
購入手数料ゼロで、理想の低信託報酬
のあのファンド!?

アクティブ型ファンドとインデックス
ファンド。どっちがいいの!?

ETFとインデックスファンドはシンプル
が売り。その違いは?

 

 

 

 

関連記事

ピックアップ記事

  1. [table id=246 /] [table id=247 /] アップルが標的に!? …

免責事項

当サイトは、一般的な情報提供を目的として書かれています。ですから、投資における最終意思決定は、ご自身の判断でお願いいたします。(データ等の数字は、細心の注意を持って記載していますが)当サイトに載せている情報に基づく行動で損失が発生した場合においても、一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る